初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/01/16
暖かくなれば、ツーショットダイヤルのナンパ魂に自然に火がつくもの! 今度は人妻か!?

2018/01/13
大寒波襲来でプチ冬眠状態に。二日に一度のペースでツーショットダイヤルは続けさせてもらっているけれど…

2018/01/09
ツーショットダイヤルでお笑い好きなOLさんに遭遇。現在、大ブレイク中の癒し系芸人さんの話で意気投合して…

2018/01/06
突然舞い込んだ、姫始めチャンス! もちろん、きっかけは、ツーショットダイヤル\(^▽^)/

2018/01/02
年末の即ハメの余韻に浸る2018年のお正月。ツーショットダイヤルで姫始めは、まだちょっと先になりそう!?

2017/12/30
こっちがその気でなくても、相手がその気なら…。ツーショットダイヤルの出会いは、ある意味、予測不可能!?

2017/12/26
年末のツーショットダイヤルは穏やかモード。もちろん、個人的な話ですが、それがすこぶる快適で(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2017/12/23
今年もいろいろあったツーショットダイヤル。年末は、マッタリいきましょうヽ(*^^*)ノ

2017/12/19
ツーショットダイヤルで話しただけで、“癒された度”がMAXに! おっとり系看護師さんに大感謝\(^▽^)/

2017/12/16
人生は山あり谷あり。ツーショットダイヤルも同じ。即ハメできて浮かれていると、すぐに足をすくわれる!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/05/17 タイトル:好きな男としか寝ない女。おまけに酒が超強い。これは間違いなく強敵!

一昨日(月曜日)の夜のこと。

カナさん(29歳・看護師・先週の金曜の夜に、某ツーショットダイヤル番組で知り合った)は、上機嫌で酒をグビグビ。

お酒を飲みながら、

「ぶっちゃけ、最近、どうなの?」

「えー!? 何が?」

「それは、もちろん(=v=)ムフフ♪」

「やだー。スゴいエッチな目してる」

「そう? でも、俺はそういう男だから仕方ない」

「そんなことより、どうなの? 最近。ホントに?」

「ぜんぜんだよ。彼氏、いないからさ」

「彼氏いなくてもさ。
Image
 セフレ的な人が

 いたりとか?」

「あー、セフレか。そういうのは面倒そうだから、作ったことないからね」

「そうなの?」

「うん。なんか、セフレって、関係が微妙でしょ?」

「まあね」

「ヤルだけの関係って、何か虚しいような気がするし」

「そうなんだ。でも、それじゃ、ツーショットも」

「うん。だから、好きって思えた人としかしてないよ」

「そうなの?」

「うん。エッチをするために電話をしてるわけでもないし」

「へー。でも、好きになっちゃうと、逆に面倒くさくない?」

「なんで?」

「だって、割り切った付き合いができなくなっちゃうでしょ。彼氏彼女の関係になって、ちゃんと付き合いたい、って思うだろうし」

「普通はね。でも、ツーショットだから」

「ツーショットは、普通ではない?」

「うん」

「まあ、そうだね。ツーショットは、非日常だからね」

「そう。だから、ある意味、夢を見ているようなものだから」

「夢か」

「うん。だから、そういうことになっても、一晩経てば、スパッと気持ちを切り替えることができる。私の場合は、だけど」

「なるほどね」

「うん」

「それって、逆に言えば、

 好きだと思えれば、
Image
 エッチできるって、

 ことでしょ?」

「そうだね」

「そうか」

「うん」

なんて話もちゃんとしていたから、てっきりイケる! と思っていたんですけどね。

結局、3~4時間飲んで、店を出たら、

「楽しかった。また誘ってね」

てなことを言いながら、カナさんが高円寺の駅に向かってスタスタ歩き出しちゃたから、それで全て終了。

エロいことは一切、なし。

めちゃめちゃ悲しいことにo(;△;)o エーン


というわけで、一昨日の夜は、飲みの席での会話は大いに盛り上がったのだけど、男女の関係にはなれず、そのまま帰宅。

正直、ちょっとムラムラしていたから、

TV電話か
Image
テレホンセックスでもして、

スッキリしようかな、と思ったりもしたけど、お酒をかなり飲んでしまっていたため、それも断念。

簡単に言えば、結果的には、“何もなかった”わけですが、カナさんが予想以上の美女(女優の黒木メイサさんにけっこう似ていた)だったので、まあ、いいかな、と。

とりあえず、惚れてもらうことはできなかったわけですが、カナさんの口から、

「また誘ってね」

と、次回を匂わす言葉が出た、という収穫もあったし。

ただ、次は飲み過ぎないように注意をしないと。

カナさん、めちゃめちゃ酒が強いみたいなので、彼女と同じペースで飲んでいたら、自分だけ泥酔してしまう確率が高し! なので(;^_^A アセアセ・・・



次の記事へTOP前の記事へ