初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2018/05/14
ツーショットダイヤルで知り合った女性と二人で飲むお酒は、やっぱり、美味しい(*´∇`*) なので、それ以上を望むのは野暮!?

2018/05/10
不自然なハイテンションは嫌われる? 徐々に情熱的になって口説くのがツーショットダイヤルの鉄則!?

2018/05/07
幸運は突然、訪れる。だから、なかなかアポれなくても、へこたれているヒマはない。ツーショットダイヤルの出会いは、いつも唐突なのでヽ(*^^*)ノ

2018/05/04
ツーショットダイヤルで、価値観が似ているプチ変人OLさん(29歳)に遭遇。話も盛り上がったので、イケるかと思ったら…

2018/04/30
人見知りな人は、ツーショットダイヤルでも声が小さいみたい。繊細な性格の女性って、わりと好きなので、個人的には問題なし!

2018/04/27
ゴールデンなウイークにするためには、ツーショットダイヤル女性とのお酒(食事も可)が必要。なので、何とか本アポを!

2018/04/23
新たな出会いはなくても、キープしておいたツーショットダイヤル娘さんとの距離が縮まったので、週末の成果は十分!?

2018/04/20
好きなものが一緒だと、ツーショットダイヤルでは、やっぱり、話が弾む。おまけに、彼氏いない歴2年以上だったので、食事の誘いにも…

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/09/06 タイトル:悩み相談は面倒くさいけど、親身になって話を聞いていると、いいこともあるみたい(*⌒∇⌒*)テヘ♪

昨日は、

自宅テレクラを
Image
楽しんだ(^^)

時間は、夜の10時頃。

ベイスターズが快勝したので、非常に気分がいい状態で、電話をかけてみた。

すると…。


「こんばんは」

と、きちんと挨拶はしてくれたものの、トーンがけっこう暗めだったため、いきなりちょっと不安に。

“これは、ちょっとマズいかな”と(;^_^A アセアセ・・・

なので、最初の数分間は、会話がどんよりモードになってしまい、“早めに話を切り上げて、相手をチェンジした方がいいかな”なんて気持ちも芽生え始めたのですが、ちょうどそんな時に、相手の女性(裕美さん・27歳・OL)が、

「実は、先週、フラれちゃったんですよ(ー。ー)フゥ」

と、自分の方からぶっちゃけ始めてくれたので、“もう少し、様子を見てみるか”と思い直し、会話を続行。

で、

「フラれちゃったって、何か原因があったの?」とか、

「3年も付き合っていたなら、もしかして、結婚とかも考えてたの?」

みたいなことをいろいろ訊いていったら、裕美さんが、

「今、いろいろ訊かれて思ったんだけど、なんか、私、スゴいかわいそうじゃない? めちゃめちゃ尽くしたのに、ぜんぜん返してもらえなくて、最終的にはポイ捨てされて。なんか、めちゃ腹がたってきちゃったんですけど(=`(∞)´=) ブーブー!!」

怒りを露にしてきたので、それからしばらくの間は、なだめタイムに!


というわけで、昨日は、話がまったく予期せぬ方向に進み、だけど、そのおかげで逆に親密度が増し、電話がつながってから50分くらい経過したところで、

「まだ、ぜんぜん話したりないみたいだけど、もういい時間なので、続きはまた今度、ってことにしない?」

「今度って、そんなのムリじゃん。また電話が偶然つながる保証なんてないんだから」

「まあね。でも、話す場所をツーショット限定にしなければ、いつでも話せるよ」

「そういうことか」

「うん。回りくどくて、ごめんね」

「ホントだよ。最初から言ってよ」

「ホント、ごめん。でも、まあ、回りくどい方がいいこともあるからさ」

「そう?」

「うん。それはさておき、そういうわけなので、どう? 今度、じっくり、お酒でも飲みながら」

「お酒か」

「もしかして、苦手?」

「うん。と言いたいところだけど、その逆。大好き((^┰^))ゞ テヘヘ」

「じゃあ、問題ないね」

「ちょっと。まだ行くとは言ってないよ」

「じゃあ、やめとく?」

「ううん、行く」

「いいの?」

「うん。当然、おごりでしょ?」

「もちろん、お酒くらいなら、いくらでも」

「やったーヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい」

ということに!


そんなわけで、初体験とか、
Image
好きな体位みたいな、

色っぽい話はできなかったけれど、飲みに行く約束を成立させることはできたのでした。

やったぜ(*^-゚)vィェィ♪



次の記事へTOP前の記事へ