初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/01/16
暖かくなれば、ツーショットダイヤルのナンパ魂に自然に火がつくもの! 今度は人妻か!?

2018/01/13
大寒波襲来でプチ冬眠状態に。二日に一度のペースでツーショットダイヤルは続けさせてもらっているけれど…

2018/01/09
ツーショットダイヤルでお笑い好きなOLさんに遭遇。現在、大ブレイク中の癒し系芸人さんの話で意気投合して…

2018/01/06
突然舞い込んだ、姫始めチャンス! もちろん、きっかけは、ツーショットダイヤル\(^▽^)/

2018/01/02
年末の即ハメの余韻に浸る2018年のお正月。ツーショットダイヤルで姫始めは、まだちょっと先になりそう!?

2017/12/30
こっちがその気でなくても、相手がその気なら…。ツーショットダイヤルの出会いは、ある意味、予測不可能!?

2017/12/26
年末のツーショットダイヤルは穏やかモード。もちろん、個人的な話ですが、それがすこぶる快適で(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2017/12/23
今年もいろいろあったツーショットダイヤル。年末は、マッタリいきましょうヽ(*^^*)ノ

2017/12/19
ツーショットダイヤルで話しただけで、“癒された度”がMAXに! おっとり系看護師さんに大感謝\(^▽^)/

2017/12/16
人生は山あり谷あり。ツーショットダイヤルも同じ。即ハメできて浮かれていると、すぐに足をすくわれる!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/11/14 タイトル:いくつになってもツーショットダイヤルナンパはやめられない。完全に習慣化しているし、生き甲斐でもあるので!

ツーショットダイヤルの楽しみ方は、人それぞれ。

「ほんわかとした女性とお話をして、癒されるのが好き」という人もいれば、「普段ではできない、ツーショットならではの会話、エッチなおしゃべりをたっぷりして、その延長でテレホンセックスに突入して乱れまくるのが理想」という人もいる。

その他にも、TV電話や伝言ダイヤルなんてものもあるし。

なので、ある意味、選び放題とも言えるわけですが、自分の場合は、自宅テレクラでナンパに励む機会が非常に多い。

完全に昔からの習慣になってしまっているようで(;^_^A アセアセ・・・


というわけで、アラフィフとなった今でも、週に2度くらいはツーショットダイヤルでナンパに励んでいるわけですが、その甲斐があって、この前の土曜日に、ミキさん(先週の月曜日に某ツーショットダイヤル番組で知り合った26歳のOLさん)と、二人きりで飲みに行くことができたのですよ(*⌒∇⌒*)テヘ♪

やっぱり、継続は力なり! ですね(ちょっと使い方が違う?)。


いずれにしろ、26歳のOLさんと二人きりで飲みに行けたのは、ツーショットダイヤルのおかげ。

それなりの金額を投資した(と言っても、数千円ですが)甲斐は、ちゃんとあったわけです。

というわけで、ツーショットダイヤルに感謝しつつ、待ち合わせ場所(毎度お馴染みの高円寺駅前)に行ってみると、すでにミキさんが来ていてビックリ!

ちゃんと来てくれる場合でも、だいだい数分は遅れてくるケースが多いので(T△T)


とまあ、そんな感じであったので、満面に笑みを浮かべて挨拶をしてみると、ミキさんがニッコリ微笑んで、「こんばんは」と言ってくれたので、“これはイケる”と確信。

と言っても、

今日は
Image
エッチできる!

と思ったわけではなく、

“今夜は絶対に楽しくなるぞ!”

と確信しただけだったのですが…。

ミキさんは、エロさ(色気)よりも、爽やかさが印象的な女性であった、という事情もあって…。


とは言え、自分のテンションはそこで急上昇。

個人的には、あまりセックスの匂いがしない、爽やか系の女性の方が、色気ムンムンの艶女よりも何倍もタイプなので(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

だから、自然に言葉数が多くなり、それにつられてミキさんも饒舌に!

となれば当然、お酒も進むことになり、飲み始めて1時間も経たないうちに、

「最近、どう? いい恋愛してる?」

「ぜ~んぜん。基本、家と会社の往復だから、出会いがな~んにもない。入社5年目だから、もうあまりチヤホヤされることもなくなっちゃったし。やっぱり、男の人って、若くて新鮮な方が好きみたいで」

「なるほどね。毎年、新人が入ってくるわけだから、ある意味、仕方ないね。でも、逆に、ミキちゃんの方が、男の新人に目をつけちゃえばいいんじゃない?」

「私の方から、いっちゃうの?」

「そう」

「それはちょっと、抵抗あるな」

「なんで?」

「やっぱり、女としては、きてもらいたいわけですよ。男の人の方から。いくつになっても」

「そうか」

「うん。もちろん、個人差があると思うけどね」

「自分からいっちゃう人もいる?」

「いるね。直接的ではないけど、それとなく近づいていけるコが」

「アプローチがうまい人が?」

「うん」

「ミキちゃんは、そういう風にはなれない?」

「私はムリ。気持ちをオブラートに包むのがあまり得意じゃないから」

「もしかして、恋愛の駆け引きとかも苦手?」

「うん。そういうのイライラしちゃうから」

「じゃあ、最初からストレートに、“好き”って言ってもらった方がいい?」

「基本的にはね。でも、いきなりはダメだよ。ろくに話したこともないのに、『好きだ』って言われても、ときめかないから。と言うより、“怖い”って思って、警戒しちゃうよね」

「そりゃそうだよね」

「うん」

なんて感じで、すべてタメ口で話すようになり、その後も、恋愛関係の話で盛り上がりまくり!

なので、終電のちょっと前まで同じお店で飲み続けることになり、自分もミキさんも、かなりいい調子に…。

だから、お店を出た後に、冗談めかして、

「どう? 酔い覚ましにどこかで休んでいかない? ゆったりしたホテルの部屋とかで」

なんて、エロ系の口説き文句を繰り出すことができたのだけど、ミキさんの答えは、悲しいことに、『NO』。

「今日は飲み疲れちゃったから、また、今度ね。ごちそうさまでした」

なんて言葉だけを残し、吉祥寺方面に向かう列車に飛び乗ってしまったのでした…(TmT)ウゥゥ・・・


というわけで、久々の飲みデートは、結局、

エッチは
Image
なしで終了。

でも、非常に楽しい時間を過ごすことができたので、不満や後悔はありません。

もちろん、セックスはしたかったけれど…( ´△`)アァ-



次の記事へTOP前の記事へ