初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/01/09 タイトル:ツーショットダイヤルでお笑い好きなOLさんに遭遇。現在、大ブレイク中の癒し系芸人さんの話で意気投合して…

ツーショットダイヤルを利用している女性は、全国にどれくらいいるのだろうか?

数万人くらいかな?

いや、もしかしたら、数十万人くらいはいるかも!?

う~ん、実際のところは、どんなものなのだろう?

誰か教えてヽ(*^^*)ノ


まあ、でも、週に何回電話しても、毎回、ぜんぜん待たされることなく、すぐに相手の女性につながるから、“た~くさん”いることは確か。

だから、実数が分からなくても、何も問題はない。

実際、困っていることは何もないし(エッチまでいける人の数を、もう少し増やしたいとは思っているけれど)。


というわけで、昨日(3連休の最終日!)も、午後の3時くらいに電話をしたら、まったく待たされることなく、

28歳の
Image
OL(名前はミナさん・写真はイメージ)に

電話がつながり、そのまま40~50分くらいおしゃべり。

ミナさんが、大のお笑い好きだったので、テレビのお笑いタレントさんの話などを中心に。

「俺らの世代だと、お笑い芸人と言えば、ダウンタウンって感じだけど、ミナさんくらいの年齢の人になると、誰になるの?」

「私たちもダウンタウンだよ。年はぜんぜん上だけど、小さい頃からずっとテレビで観てたから、スゴい親しみがあるから。でも、今一番好きなのは、出川哲朗だけど」

「出川哲朗か。今、ノリにのってる感じだもんね。テレ東の電動バイクの旅のやつとか、めっちゃおもしろいもんね」

「うん。あとは、やっぱり、『イッテQ』」

「あー、デビ夫人と一緒に出てるやつとかね」

「そう。でたらめ英語のやつも、おもしろい」

「昨日もやってたよね。ロスに行って」

「アンディ・ウォーホールの美術館に行ったりしてたね」

「うん。英語はめちゃくちゃなのに、何とか目的地まで行けちゃうのがスゴいよね。毎回のことだけど」

「昨日は、チューもしてもらってたし」

「そうだ。最初はダメだったんだけど、強気に出たら、すぐにしてもらえたんだよね」

「そう。弱腰の時は、ずっと素通りされてたのに」

「やっぱり、交渉は強気でいかないとダメなのかね?」

「うん。でも、人によると思うよ。スゴい偉そうな人に強気に出られたら、私なら、たぶん、“嫌だな”と思うもん」

「そうか。あれは、出川哲朗だから、許されるんだね」

「そうだと思うよ。ゆるキャラみたいな出川さんが、強気で、『キスして』って言ってくるから、“なんか、おもしろ~い”って感じになるんだと思うよ」

「なるほどね。あの見た目とキャラだから、受け入れられるんだね」

「そうだと思うよ」

「出川哲朗って、何気にコミュ力がスゴい高いしね」

「人柄がいいからね」

「もしかして、ああいう男がタイプ?」

「それは、恋愛対象としての話?」

「そう」

「それは微妙かな。人間的には大好きだけど、男性としては…」

「やっぱり、そういうものなんだね」

「でも、ぜんぜん恋愛できると思うけどね。いっぱいアプローチしてくれれば」

「へー」

「だって、めっちゃいい人じゃん。たぶん、一緒にいるだけで癒されると思うから」

「それは間違いないだろうね」

「うん」

「そうか。ミナさんは、出川哲朗がタイプなのか」

「人間的にはね」

「外見的には?」

「見た目は、反対かな。どちらかと言えば、細い人の方が好きだから」

「ジャニーズ系?」

「てわけではないかな。細いけど、男っぽい人が好きだから」

「へー。じゃあ、ボクサーとかいいんじゃない? ほとんどみんな、細マッチョだから」

「そうなの?」

「そうだよ」

「ふ~ん、じゃあ、今度、観てみるわ。テレビでボクシングの中継とかやってたら」

「その程度?」

「だって、基本的には、おもしろい人が好きだから」

「でも、男っぽい人がタイプなんでしょ?」

「うん」

「それって、けっこう難しくない? 見つけるのが」

「そうだね。だから、彼氏がいないんじゃん」

「そうだよね。彼氏がいたら、あんまりこういうとことろには、電話をかけないもんね」

「そうだよ(^_^)ニコニコ 」

「うん。納得(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

てな感じで。


というわけで、昨日のツーショットダイヤルは、終始、和やかムードでイイ感じ!

なので、当然ながら、

「今度、食事でも?」

という話になり、連絡先の交換に成功。

未来の
Image
ハメに向かって、

着実な第一歩を踏み出すことができたのでした(○゚ε^○)v ィェィ♪



次の記事へTOP前の記事へ