初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/22
ツーショットダイヤルなしの人生なんて考えられない! いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない。たまに感動的な出会いもあるし(*^.^*)エヘッ

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/05/04 タイトル:ツーショットダイヤルで、価値観が似ているプチ変人OLさん(29歳)に遭遇。話も盛り上がったので、イケるかと思ったら…

ゴールデンウイークも残すところ3日(今日も入れて)。

残念ながら、まだアポれていない。

ほぼ毎日、

ツーショットダイヤルを
Image
していたのに…(TmT)ウゥゥ・・・

だけど、不思議と悲観的な気分にはなっていない。

というか、けっこう余裕o(*^▽^*)oエヘヘ!

だって、ツーショットダイヤルでアポれなくても、日常の暮らしに悪影響を与えるようなことはないですからね\(^▽^)/


とは言え、今でも、できることなら、ゴールデンウイーク中に、

即アポで
Image
即ハメ

を決めたい! と思ってはいるので、たぶん、今日も明日もツーショットダイヤル!

アポれるまでずっとヽ(*^^*)ノ


というわけで、今日も口説き大作戦を決行することになると思うのですが、実は、昨日は、けっこういいところまでいったんですよね。

29歳のOL(三軒茶屋在住・名前はサヤカさん)と旅行の話で盛り上がり、最終的に、

「お互い旅行が大好きなんだから、今度、一緒に行っちゃう?」

「いいかもね(*'-'*)エヘヘ」

みたいなことを言えるくらいにまで距離が近づいたんですよ!

「ゴールデンウイーク、どこか出かけた?」

「出かけたよ。ツ○ヤとか肉のハ○マサに。西○にも行ったしヾ(@~▽~@)ノ」

「それって、レンタルビデオ屋とスーパーじゃん」

「そうだよ」

「いやいや。そうじゃなくて」

「あー、どこかに遊びに行ったか、ってこと?」

「うん」

「私、混んでるところが苦手だから」

「そうなの?」

「私の場合、彼氏がいないから、近場で済ませておいた、とか、そういうのではないから」

「彼氏がいたとしても、ゴールデンウイークの過ごし方は変わらなかった、ってこと?」

「そう。DVDを一人で観るか、彼氏と一緒に鑑賞するか、くらいの違い(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「出かけるのが嫌い、ってわけではなくて?」

「外に出るのは好きだよ。旅行とかも、大好きだし」

「そうなんだ。ただ、混んでるところに行くのは嫌いだ、と?」

「そう。だから、旅行も繁忙期には絶対に行かないもん」

「それは僕も一緒。自分は沖縄が大好きなんだけど、8月とかは絶対に行かないからね」

「お盆周辺が一番混むし、飛行機やホテルの料金も一番高いからね」

「そうなんだよね。下手すると、3倍か4倍くらいになるからね」

「じゃあ、いつ頃、行ってるの?」

「一番多いのは10月。そのくらいになると、けっこう空いてきてるし、料金もぜんぜん高くないから」

「いいよね。10月の沖縄。晴れれば、まだ泳げるし」

「10月に行ったことあるの?」

「あるよ。2~3回」

「マジで?」

「うん」

「そうなんだ。なんだか、僕たち、気が合うのかもね((^┰^))ゞ テヘヘ」

「それはどうかな(*^.^*)エヘッ」

「いや、合うでしょ」

「そうかな?」

「ちなみに、サヤカさんは、食べ物だと何が好き?」

「パスタかな」

「ほら、同じだ(*´∇`*)」

「それはダメでしょ。後出しジャンケンじゃん」

「じゃあ、今度は僕の方から言うね」

「何を?」

「好きな食べ物。もう一つくらいはあるでしょ?」

「それは、まあ」

「じゃあ、言います。さんぴん茶と沖縄そばと日本蕎麦」

「一つじゃないじゃん。さんぴん茶は、飲み物だし」

「まあまあ。細かいことは気にしないで。で、どう?」

「三つとも好きだけど」

「ほら~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

「だいたい、みんな好きでしょ。その三つは」

「そんなことないよ。沖縄そばは、脂っぽいから嫌い、って人がいるし、日本蕎麦も、蕎麦アレルギーとかあるからね」

「そうだけど。先に私、沖縄が好き、って言ってたから」

「でも、好きなんでしょ? 三つとも」

「それはそうなんだけど」

「納得いかない?」

「うん。少し」

「でも、好きな食べ物が、かなり被ってることは確かだから」

「なに? だから、気が合う、って言いたいの?」

「まあね。話もこれだけ弾んでるしo(*^▽^*)oエヘヘ!」

「そう?」

「普段、こんなに話してる?」

「人による」

「ってことは、今日は、話が盛り上がってる方に入るわけでしょ?」

「まあ、それは…」

「少なくとも、サヤカさんと話してて、僕はめちゃめちゃ楽しいし(*´∇`*)」

「そうなんだ」

「うん」

「サヤカさん、“狭く深く”の人でしょ?」

「何が?」

「人付き合い。八方美人ではないでしょ?」

「そうだけど」

「やっぱり。そこも一緒だね(*´∇`*)」

「そうなんだ?」

「もしかして、友達に、“変わってる”とか言われてる?」

「変人扱いされてるか、ってこと?」

「まあ、分かりやすく言えば」

「たまにね。いつもじゃないよ」

「それも一緒だ。やっぱり、似たもの同士なんだよ。僕たち。行動パターンも似ているし」

「行動パターン?」

「うん。僕も、混んでる場所には近づかないから」

「ふ~ん」

「でも、外に行くのは数き、ってところも同じだし」

「へー」

「納得してくれた?」

「少しね」

「やったぜヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ 」

「確かに、変わった人だね?」

「そう?」

「オジさんなのに、やけに素直」

「ガキオヤジなので((^┰^))ゞ テヘヘ」

「ガキオヤジ?」

「うん。オジさんなのに、中身は子供(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「確かに、そんな感じする(*´∇`*)」

「でしょ?」

「困ったオジさんだね(o^-^o) ウフッ」

「そ~なんだよね((^┰^))ゞ テヘヘ」

「でも、そういう人、嫌いではないかも」

「やっぱりね(=v=)ムフフ♪」

「えっ!?」

「(^∇^)アハハハハ!」

「(*'∇')ウフフフフ」

なんて話をして、少しずつ仲良くなっていって!


というわけで、昨日は、アポる寸前までいったのに、

「ゴールデンウイーク中に、飲みでも行かない? 高円寺あたりで、泡盛でも一緒に飲もうよ」

と誘ってみたら、

「ゴールデンウイーク中はダメでしょ。居酒屋さんだって、どこに行っても混んでるから」

と一刀両断され、結局、連絡先を交換しただけで、会話が終了。

だけど、

「じゃあ、平日の夜とかならOK?」

と食い下がってみたら、

「その時の気分次第かな(o^-^o) ウフッ」

と言ってくれたので、近々に飲みデートが楽しめるかも。

でも、
Image
エッチは…

サヤカさん、何気にガードが固そうだったから…

まあ、でも、僕とサヤカさんは、本当に似たもの同士だと思うので、一緒にお酒を飲むだけでも、十分に楽しめそうなので、とりあえず、よけいなことは考えずに、メールでの口説きに専念したいと思いま~すヽ(=´▽`=)ノ



次の記事へTOP前の記事へ