24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/03/03 タイトル:言葉責めで感じまくる超ドM妻。最初からそのつもりだったようで…

また風邪を引いてしまった( ;∀;)

やっぱり、年なのでしょうか?

悲しいけれど(T_T)


だけど、なぜかアソコはビンビン。

なので、昨日は、熱が38度近くあったのに、思わず

ツーショットダイヤルを
Image
してしまった。

けっこうフラフラしていたのに(;^_^A アセアセ・・・


だけど、不思議なことに、相手の女性(ナオコさん・37歳・主婦)に電話がつながった瞬間、ちょっとシャキーン。

頭が回転し始め、言葉もスムーズに、次々と出てきた。

なので、けっこう会話が盛り上がり(ほぼエロい話題で)、電話がつながってから15分くらいしたところで、

早くも
Image
テレホンセックス!

に突入。

ナオコさんは自他共に認めるドMで、

言葉責めをされると、

普通に
Image
セックスをする時の

3倍くらいアソコが濡れてしまうらしいので、

「本当は最初から濡れ濡れだったんでしょ? 電話する前から、イヤらしいことをいっぱい想像してたんじゃないの?」

「やっぱり、そうなんだ。じゃあ、濡れまくりのアソコ、よく見せてごらん。足を開いて」

「スゴイね。ホント、グショ濡れだ。マジ、卑猥。ビラビラの形もイヤらしいし」

「なに、変な声出してるの? まだ触ってもいないのに。見られてるだけで感じちゃうんだね。ホント、ドスケベ」

なんて感じで、言葉で嬲りまくり。

すると、ナオコさんが信じられないくらい激しく悶え出し、その声を聞いていたら、自分も超ビンビンに!

というわけで、たっぷり言葉責めした後に、

バックから
Image
ズブリと挿入!

すると、ナオコさんがさらに激しく悶え出し、大変なことに!!


そんなわけで、挿入してから数分後には、互いに絶頂へ! ということになったのでした\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ