初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/03/09 タイトル:イメージは、大○櫻子ちゃん。あまりにも朗らかな25歳・フリーターに胸キュン(*^^*)ポ

30代の前半くらいまでは、

ツーショットダイヤルを利用する目的は、

完全に
Image
セックス!

だった((^┰^))ゞ テヘヘ

なので、毎回、気合を入れて口説きまくっていた。

できることなら、新規でツーショットダイヤル番組に登録するともらえる、無料ポイント(10~30分くらい話せる)だけで誘い出したい、なんて無謀な(セコい)願望を強く持っていたので、大して話が盛り上がっていなくも、とりあえず、

「飲みにでも行かない?」

と誘うようにしていた。

だから、正直、微妙な空気になることも珍しくなく、後味の悪い別れ(電話の切り)方をすることも少なくなかった。

だけど、ぜんぜんめげなかったのは、たぶん、それだけ強く

セックス
Image
したい!

と思っていたから。

今となっては、非常に恥ずかしいお話なのですが(;^_^A アセアセ・・・


というわけで、若い頃は、本当に肉食だった。

実際、2~3日続けて、ツーショットで知り合った女性に会いに行ったこともあったし、待ち合わせ場所に行って、その相手がぜんぜんタイプでない女性であることが分かっても、とりあえずヤレそうだったら、そのままホテルに行くようにもしていた。

それが今では…。


その頃と同じくらい女性が大好きだし、
Image
セックスしたい!

という気持ちもしっかりあるのだけど、最近は、楽しくおしゃべりできれば、それだけでけっこう満足できちゃうようになっている。


なので…。


昨日も、飲みに行く約束などはできなかったのだけど、それをまったく不満に感じるようなことはなかった。

というか、むしろかなりの満足感を得ることができたので、とっても幸せな気持ちでベッドに入ることができ、そのままぐっすりと、悪い夢を見るようなこともなく、朝まで眠ることができた(∪。∪)。。。zzzZZ


自分は、単純なので、素直な性格をしている女性に出会うと、それだけで無性に嬉しくなってしまう。

ましてや、その女性が自分と同じようなものが好きだったりしたら、極上の幸せ気分に浸るしかなくなる(*⌒∇⌒*)テヘ♪

まさに、昨夜のツーショットダイヤル(自宅テレクラ)がそんな感じで、相手の女性(ミサさん・25歳・フリーター)が、あまりに朗らかな性格をしていたため、

「ちなみになんだけど、ミサさん、趣味とかある?」

「趣味ですか? そうですね。自転車に乗ることですかね?」

「自転車? あー、今、流行ってるロードバイクみたいなやつ?」

「いえ、違います。普通の自転車です。前にカゴがついてる」

「それって、もしかして、ママチャリ?」

「そうだと思います」

「そうなんだ。自転車に乗るのが趣味って言うから、スゴい高いのに乗ってるのかと思ったよ」

「ぜんぜん違いますよ。私が乗っているのは、通販で1万円くらいで買った、ごく普通の自転車ですから」

「前にカゴがついてるやつね」

「そうです。自転車に乗る機会が一番多いのは、買い物に行く時だから、それが一番便利なんですよ」

「なるほどね。スポーツタイプの自転車じゃ、荷物を載せられないもんね」

「そうなんですよね」

「自転車で、どこか遠くに出かけたりはしないの?」

「しますよ。たまには」

「どんなところに行くの?」

「公園が多いですね。都内って、立派な公園が多いじゃないですか」

「そう?」

「そうですよ。私の地元なんて、公園が一つもなくて、小学生とかが、みんな、道路とかで遊んでるんですよ」

「ミサさんの地元の町には、公園が一つもないの?」

「はい。たぶん。全地域をくまなくチェックしたわけではないので断言はできないけど、私が見た範囲では、一つもありませんでした」

「そうなんだ。って、よく考えてみたら、自分の地元も、公園って、ほとんどなかったかもしれない。あったとしても、一箇所か二箇所だったような気がするよ」

「そうですか」

「うん。たぶん、税収の違いなんだろうね。東京はやっぱり、税金がいっぱい入ってくるから、そういう施設を多めに作れるんだと思うよ」

「そういう事情があるんですか?」

「うん。て、単なる想像だけど(^^)」

「な~んだ(*´∇`*)」

なんて、地味な話を延々としてただけなのに、めちゃめちゃ気分よくなれてしまって(∩。∩;)ゞテレテレ・・・


というわけで、昨夜は、

エッチな
Image
話は、

一切なし。

だけど、最高の時間を過ごすことができたのでしたヽ(*^^*)ノ



次の記事へTOP前の記事へ