初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/01/16
暖かくなれば、ツーショットダイヤルのナンパ魂に自然に火がつくもの! 今度は人妻か!?

2018/01/13
大寒波襲来でプチ冬眠状態に。二日に一度のペースでツーショットダイヤルは続けさせてもらっているけれど…

2018/01/09
ツーショットダイヤルでお笑い好きなOLさんに遭遇。現在、大ブレイク中の癒し系芸人さんの話で意気投合して…

2018/01/06
突然舞い込んだ、姫始めチャンス! もちろん、きっかけは、ツーショットダイヤル\(^▽^)/

2018/01/02
年末の即ハメの余韻に浸る2018年のお正月。ツーショットダイヤルで姫始めは、まだちょっと先になりそう!?

2017/12/30
こっちがその気でなくても、相手がその気なら…。ツーショットダイヤルの出会いは、ある意味、予測不可能!?

2017/12/26
年末のツーショットダイヤルは穏やかモード。もちろん、個人的な話ですが、それがすこぶる快適で(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2017/12/23
今年もいろいろあったツーショットダイヤル。年末は、マッタリいきましょうヽ(*^^*)ノ

2017/12/19
ツーショットダイヤルで話しただけで、“癒された度”がMAXに! おっとり系看護師さんに大感謝\(^▽^)/

2017/12/16
人生は山あり谷あり。ツーショットダイヤルも同じ。即ハメできて浮かれていると、すぐに足をすくわれる!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/08/29 タイトル:似たもの同士で意気投合。お酒もすすんでイイ感じ。でも、ぶっちゃけ過ぎちゃって…

求職中のフリーターさんて、いいですね(o^-^o) ウフッ

「明日、朝が早いから」

とか言って、終電で帰っちゃうことがないので(=v=)ムフフ♪

日曜の夜に、その前日に即アポした女性(アカリさん・25歳)と無事に飲みに行くことができたのですが、久々に朝まで一緒にいることができたんですよ。
「明日も予定ないから、何時まででもいいよ。付き合ってあげる(゚∇^*) テヘ♪」

なんて、超嬉しいことを言ってくれて(*´∇`*)


というわけで、終電の時間が過ぎたあたりから、

もしかして、今日、
Image
エッチできちゃうんじゃない!?

なんてことを思い出して、ドキドキ・ワクワク。

なので、ますますお酒がすすみ、その結果、会話がさらに弾みまくることになり、気分は最高潮!

だけど、話が弾みまくった結果、

「アカリちゃん、かわいいし、エロいのに、なんで彼氏がいないの?」

「そっちだっていないじゃん?」

「俺はもう年だからさ」

「そんなに関係ないよ。魅力があれば、いくつになっても彼女作れるよ」

「まあ、そうなんだけどさ。付き合うのって、いろいろ大変じゃん。時間はもちろん、気持ちも、ある意味、拘束されることになるから」

「そんなに当たり前じゃん」

「それもそうなんだけど、俺の場合は、そういうのが耐えられないところがあるんだよね」

「ただの我ままじゃん」

「鋭いね。痛いとこ、ビシッとついてくるし」

「そう?」

「うん。まあ、そういう感じだから、なかなか付き合うとか、そういうことにはならないわけですよ。だから、ツーショットをやってるわけだし」

「なるほどね」

「分かってくれた?」

「まあ、何となくはね。私もそういうところあるし」

「そうなの?」

「うん。付き合っても、自由にさせてもらいたいタイプだから」

「なんだ、似たもの同士なんじゃん」

「ある意味ね」

「じゃあ、俺たち、付き合えあるかな?」

「それはムリじゃない」

「なんで?」

「恋愛するためには、シチュエーションが重要だから」

「どういうこと?」

「だって、出会いのきっかけがツーショットじゃ、ぜんぜんロマンチックじゃないじゃん」

「そう?」

「うん。少なくとも、私はそう思う」

「個人的な見解ね」

「うん」

「そうか。じゃあ、エッチだけなら?」

「はい、アウト。私、そういう誘われ方、嫌いだから。茶化すような言い方」

「えー、そうなの?」

「うん。嫌い」

「俺、やらかしちゃったの?」

「まあ、そういうことだね」

「もうムリってこと?」

「とりあえず、今日はね」

「あちゃー(ノ_< ;)」

「落ち込んだ?」

「そりゃそうでしょ」

「でもさ、初めて会って、いきなりエッチしたい、とか、虫が良すぎる話だと思わない?」

「確かに。でも、これって、普通の出会いではなく、ツーショットだからさ」

「そうなんだよね。そういう場だからね」

「なら、OKなんじゃ?」

「だから、私はダメなんだ、って」

「個人的な見解か」

「そういうこと」

なんて感じで、けっこう本音でマジメというか、シビアなことも話せるようになってしまったため、いつのまにかエロい空気が消失。

というわけで、朝までガンガン飲みまくって、会話も十分に弾んだのに、

その日は結局、
Image
エッチはなし、

でバイバイすることになってしまったのででしたε-(ーдー)ハァ



次の記事へTOP前の記事へ