初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/12/12
V電話が最高なのは、相手の女性が服を脱いでいく姿をじっくり鑑賞できるから! もちろん、その後の展開にも…。ちなみに、テレフォンSEXの生喘ぎ声も最高です

2018/12/09
ツーショットダイヤルで久々に出会えた超タイプな美人さん(女優の黒○智花さん似)。お酒がけっこうイケる口みたいなので、期待して会いに行ったら…

2018/12/05
同年代の熟女さんとの会話はとっても楽しい。子供の頃の記憶が鮮明に甦るのも、ツーショットダイヤルの醍醐味のひとつ。今回は、当時のドラマ&アニメ話で…

2018/12/02
祝 オークション卒業! 来年は、今年以上に健康第一でツーショットダイヤルを満喫するぞ!! もちろん、今年も最後まで全力投球ヽ(*^^*)ノ

2018/11/27
年を取ると、ツーショットダイヤルでも、ついつい出がちになる健康話。同年代の熟女さんが相手なら問題はないけど、20代の女性と話す場合は要注意!?

2018/11/24
話が盛り上がっても必ずアポれるわけではない。それがツーショットダイヤルの現実であり、ある意味、おもしろいところ。女性の気持ちは微妙なので(;^_^A アセアセ・

2018/11/20
人生は、晴れたり曇ったり。ツーショットダイヤルもまったく一緒! 曇りの日があるから晴れた時の喜びがより大きくなるのも、まったく同じヽ(*^^*)ノ

2018/11/17
抜きたくなったら、TV電話ツーショット! エッチ度は言うに及ばず、美女率が高めな番組もけっこうあるので、抜き応え十分ヽ(*^^*)ノ

2018/11/13
綺麗な女性とお酒を飲むと、ついつい酒量が多くなる。なので、翌日がけっこう大変。だけど、そのためにツーショットダイヤルをしているので(^^)

2018/11/10
幸運は突然、訪れるもの。ツーショットダイヤルの場合も同じ。世の中、まんざら捨てたものではない。気の合う女性もいてくれてるみたい(o^-^o) ウフッ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/10/28 タイトル:彼氏がいないからTV電話で欲求不満を解消! 美人なのにフリーなのは、明け透け過ぎる性格のせい!?

映像派の自分には、TV電話は、非常にありがたい存在。

自分にとっては、抜きツールとしてとして、非常に優秀なので(^^)

だから、毎回、すぐにビンビンになって、あっという間に果ててしまう。

童貞の中学生みたいに(;^_^A アセアセ・・・

だって、

携帯電話越しに見る素人女性の
Image
生裸体は、

凄まじいほどに生々しんですもん((^┰^))ゞ テヘヘ


しかしながら、TV電話の料金は、通常のツーショットダイヤル(自宅テレクラ)番組に比べると、少し高めであるので、正直なところ、そんなにしょっちゅうは利用していない。

だいたい週に1回くらいで、自宅テレクラで女性を口説き落とすことに熱中している時は、もう少し間があくこともある。

突発的に、
Image
テレホンセックスが

したくなることがあったりもするので(=v=)ムフフ♪


というわけで、いろんな事情で、TV電話を利用する頻度は、それほど高くはないのだけけれど、そのまま存在を忘れてしまうようなことは、まず考えられない。

ある程度、間を置くと、無性にTV電話がしたくなる時も、確実にやってくるのでヽ(*^^*)ノ


そんなわけで、昨日も夜の11時過ぎくらいに、TV電話で相互オナりたい衝動が湧き上がり、迷わず某番組にアクセス。

で、都合よく好みのタイプの女性(目鼻立ちくっきりの美人タイプで、体型は細身で、色白。ちなみに、名前は愁美さんで、年齢は28歳)が見つかったので、すぐさま指名(クリック)して会話を開始!

すると…


上品そうな外見とは裏腹に、性格はかなりザックバランというか、明け透けな性格をしていたので、あっという間にタメ口で下ネタを楽しめるような関係に!

で、

「エッチがかなり好きみたいだけど、ところで、どう? 最近は?」

という、毎度の定番の質問をしてみたら、愁美さんが間髪おかずに、

「ぜんぜん。というか、さっぱり。だから、正直、もう、たまりまくり」

なんて、ド直球な言葉を返してくれたので、若干、唖然。

“ここまでオブラートに包まない人なんだ”と、少々、面食らってしまって(;´▽`A``


というわけで、一瞬、沈黙することになってしまったわけですが、愁美さんの顔を見ていたら、

“こんなにキレイな人が言うなら、まあ、こういうのもありか”

という気持ちになり、とりあえず、下ネタトークを続行。

となれば当然、

「たまりまくりなら、どしてるの?」

「どうしてるかって、何で処理をしてるかってこと?」

「まあ、そういうことです」

「そんなのオナニーに決まってるじゃん。だから、こういうところにも電話してるんだし」

「そうだよね。当たり前のこと聞いてしまって、すいません」

「別に、謝らなくてもいいよ」

「そう言ってもらえると、助かります」

「そう。よかった」

「はい。ちなみに、オナニーは、どれくらいの頻度でしてるの?」

「回数? 週に何回かってこと?」

「うん」

「回数はね、7回くらいかな。だいたい週5ペースだけど、週末は2回しちゃうこともあるから」

「週に7回。スゲー。俺より多い」

「ホントに? ていうか、いい年してるのに、まだオナニーしてるの?」

「すいません。奥さんだけじゃなくて、彼女とかもいないもので」

「だから、謝らなくていいって。別に、責めてるわけじゃないんだから」

「またしても、温かいお言葉、ありがとうございます」

「なんで敬語?」

「何となく」

「まあ、別にいいか。とりあえず、スゴイ元気なんだね」

「はい」

「いいことだと思うよ。男はやっぱり、元気がないと。彼女を毎日、抱けるくらいの」

「そんなにセックスが好きなの?」

「まあね。否定はしない」

「じゃあ、今、正直、困ってるでしょ」

「だから、こういうものにも頼ってるんじゃん」

「てことは、今もしたい気分?」

「まあね」

「オ○ンコ、濡れ濡れ?」

「それは分からない。まだ確かめてないから」

「じゃあ、確かめてみて」

「触ってみろ、ってこと?」

「そう」

「分かった。やってみる」

「どう?」

「スゴイ。けっこうキテる」

「下着が汚れるくらい?」

「うん」

「なんだ、もうその気になってたんじゃん」

「そうなのかもね」

「エッチなんだもんね」

「否定はしない」

「じゃあ、しちゃう?」

「うん」

ということになり、

相互オナニーで、
Image
互いに乱れまくることに!

そんなわけで、またしても、かなり早めに果てることになってしまったのでした(;^_^A アセアセ・・・



次の記事へTOP前の記事へ