初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/12/23 タイトル:今年もいろいろあったツーショットダイヤル。年末は、マッタリいきましょうヽ(*^^*)ノ

年末ですね~(*´∇`*)

あと10日くらいで今年が終わってしまうなんて、ホントに信じられません(⌒▽⌒;) オッドロキー

2017年は、ホンットーにあっという間に過ぎていってしまった感じで(まだ10日くらいありますが)。

でも、振り返ってみると、今年も、けっこういろんなことがあったんですよね。

ツーショットダイヤルの女性との間でも((^┰^))ゞ テヘヘ

ただ、

エッチまで
Image
いけたのは、

たぶん、5~6人だったと思うので、残念ながら、好成績を残せた! とは言えません(TmT)ウゥゥ・・・

野球で例えるなら、バッターの場合は打率2割5分、投手なら6勝5敗くらいの成績だったような気がします。

なので、来年はもう少し。

最低でも、打率を2割8分くらいにまでには上げたいところですが、自分はツーショットダイヤルの超ベテラン選手になるので、正直、今後、成績を上げていくのは至難の業。

引退に追い込まれなうように、何とか現状維持ができるように頑張っていくのが、妥当な方法のような気がしております。

自己管理をしっかりして\(^▽^)/


というわけで、すでに気持ちは来年に向かっているのですが、もちろん、年末までツーショットダイヤルをお休みするわけではありません。

ただ、正直、
Image
ハメは、

いいかな、と思っていたりもします。

なんか、年末年始は、ゆっくり過ごしたい気分になっていて(*´∇`*)

ありがたいことに、今月はすでに一人の女性とエッチすることができているので、もういいかな、という気がしていて(^_^)ニコニコ

ツーショットダイヤルの女性をナンパしたり、一緒に食事に行ったりするのは、とても楽しいことなんですけど、パワーをかなり必要とするので、とりあえず、今年はいいかな、と(*'ー'*)ふふっ♪


年のせいもあると思うんですよ。

なんてったって、来年50ですから、20代の頃みたいに、年中無休で突っ走り続けることは、やっぱり、難しいみたいで。

だから、充電期間のようなものも必要だな、と(o^-^o) ウフッ


そんなわけで、昨日も、ツーショットダイヤルを楽しむことはしたのですが、正直、“何とか誘い出してやろう!”みたいな気持ちは、ほとんどありませんでした。

普通に楽しくおしゃべりができて、癒してもらえたらいいな、くらいの気持ちで、話をしていたので。

だから、成果的なものは、何もありませんでした。

即アポはもちろん、連絡先の交換もなし(「教えて」とも言いませんでした)。

ただ、ほんわかタイプのイイ感じの女性(26歳のOLさんで、名前はサトミさん)だったので、話はかなり盛り上がりました。

「やっぱり、年末年始は、予定がいっぱい?」

「いえ。そんなことないです。友達と鍋パーティをしたりはするけど、他には特に。お正月は、実家に帰るし」

「てことは、今は付き合ってる人がいないの?」

「はい」

「もしかして、クリスマスに鍋パーティ?」

「そうです」

「ふ~ん」

「やっぱり、彼氏が欲しい?」

「そうですね。いい人がいれば。でも、いなくても大丈夫なタイプなので」

「一人でいるのも、苦ではない感じ?」

「そうですね」

「どんな人がタイプなの?」

「男の人ですか?」

「そう」

「えー、どんな人だろ? やっぱり、優しい人かな」

「優しいだけでいいの?」

「そうですね。あと、マジメに働いていてくれれば」

「それだけでいいんだ?」

「はい。それが一番大事だと思うから」

「年は? いくつが上限?」

「えー、年ですか? いくつだろ? わりと年上の人が好きだからな、私」

「年上好きなんだ?」

「はい」

「でも、50代はダメでしょ?」

「50か。父親とだいたい同じ年になっちゃうからな」

「お父さん、いくつ?」

「54です」

「来年、55?」

「そうです」

「そうか。俺の5コ上か」

「来年、50歳になるんですか?」

「うん」

「大台ですね」

「そう。大台。どう? 50の男なんて?」

「う~ん」

「やっぱり、難しい?」

「そうですね。年だけで考えると。ただ、個人差があるじゃないですか。だから」

「人によっては、いけちゃうかも?」

「なくはないと思うんですよ」

「見た目とかを含めた条件次第だと?」

「ですね。でも、一番大事なのは性格だと思うんですよ。だから、年を感じさせない人なら」

「なるほど」

「はい」

「ありがとう。なんか、希望を感じました」

「そうですか?」

「うん。ありがとう」

「はい。どういたしまして」

なんて感じで(*´∇`*)


というわけで、昨日は、即アポも連絡先の交換もなかったけど、大満足!

やっぱり、女性って、いいな。

話すだけでも元気になれる。

その女性につなげてくれる
Image
ツーショットダイヤルも、

もちろん、最高\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ