初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/12/09
ツーショットダイヤルで久々に出会えた超タイプな美人さん(女優の黒○智花さん似)。お酒がけっこうイケる口みたいなので、期待して会いに行ったら…

2018/12/05
同年代の熟女さんとの会話はとっても楽しい。子供の頃の記憶が鮮明に甦るのも、ツーショットダイヤルの醍醐味のひとつ。今回は、当時のドラマ&アニメ話で…

2018/12/02
祝 オークション卒業! 来年は、今年以上に健康第一でツーショットダイヤルを満喫するぞ!! もちろん、今年も最後まで全力投球ヽ(*^^*)ノ

2018/11/27
年を取ると、ツーショットダイヤルでも、ついつい出がちになる健康話。同年代の熟女さんが相手なら問題はないけど、20代の女性と話す場合は要注意!?

2018/11/24
話が盛り上がっても必ずアポれるわけではない。それがツーショットダイヤルの現実であり、ある意味、おもしろいところ。女性の気持ちは微妙なので(;^_^A アセアセ・

2018/11/20
人生は、晴れたり曇ったり。ツーショットダイヤルもまったく一緒! 曇りの日があるから晴れた時の喜びがより大きくなるのも、まったく同じヽ(*^^*)ノ

2018/11/17
抜きたくなったら、TV電話ツーショット! エッチ度は言うに及ばず、美女率が高めな番組もけっこうあるので、抜き応え十分ヽ(*^^*)ノ

2018/11/13
綺麗な女性とお酒を飲むと、ついつい酒量が多くなる。なので、翌日がけっこう大変。だけど、そのためにツーショットダイヤルをしているので(^^)

2018/11/10
幸運は突然、訪れるもの。ツーショットダイヤルの場合も同じ。世の中、まんざら捨てたものではない。気の合う女性もいてくれてるみたい(o^-^o) ウフッ

2018/11/06
潤いのある毎日を送るためには、女性の存在が不可欠! なので、今夜もおそらくツーショットダイヤルヽ(*^^*)ノ 正直、最近、不調なんですけどね(;^_^A アセ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2017/12/26 タイトル:年末のツーショットダイヤルは穏やかモード。もちろん、個人的な話ですが、それがすこぶる快適で(*⌒∇⌒*)テヘ♪

クリスマスも終わり、ド年末に突入!

なので、すっかりお正月気分。

また~りモードになっているので、ツーショットダイヤルも、のんびり楽しんでおります((^┰^))ゞ テヘヘ


ちなみに、昨日は、夜の10時過ぎに電話をかけ、1時間弱くらい、

28歳のOLちゃん(名前はミクさん)と
Image
おしゃべり。

「クリスマスだね。ケーキ食べた?」

「一応」

「一応って、どういうこと?」

「コンビニで小さいのを買ってきて食べただけだから」

「そうなんだ。やっぱり、上にイチゴがのってるケーキ?」

「うん」

「やっぱりね。なんか、イチゴがのってるケーキが食べたくなるんだよね」

「食べたんですか?」

「うん。食べた」

「コンビニで買って?」

「そう。数字が店名になってる某コンビニで買った」

「ホントですか? 私もですよ」

「そうなんだ。偶然だね」

「ですね(^^)ニコ」

「話はコロッと変わるけど、年末は、いつまで仕事」

「28日です」

「じゃあ、まだ、ちょっとあるね」

「そうですね」

「お正月は、帰省とかするの?」

「一応、そのつもりです」

「また、一応?」

「いえ、帰るのは決めてるんですけど、最近、親がうるさくなってきていて」

「どういうこと?」

「私、28だから、微妙な年齢じゃないですか? だから、結婚とか、早く孫の顔が見たいとか、そういうことをすぐに言ってくるんですよね」

「正直、ウザい?」

「はい。ちょっと(*^.^*)エヘッ」

「その予定とかは?」

「ぜんぜんです。じゃなきゃ、今日、電話してませんよ」

「そうか」

「そうですよ(*^^*)」

「でも、そういう感じだと、やっぱり、寂しかった? 昨日、一昨日とか」

「クリスマスですか?」

「うん」

「それはやっぱり、横に好きな人がいてくれたらな、って」

「そうだよね」

「はい。でも、もう3年連続だったから(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「慣れちゃった?」

「正直、少し(〃'∇'〃)ゝエヘヘ」

「でも、やっぱり、好きな人がいたらな、とは思ったんでしょ?」

「そうですね。それはでも、クリスマスに限らず、よく思うから」

「そうか。好きな人、いないの?」

「今はいないですね」

「今はってことは、前はいたの?」

「いました。て言っても、2年くらい前ですけど」

「その人に、気持ちは伝えたの?」

「伝えました。それとなくだけど。一緒に食事に行った時に。“この店、おいしいね。また、食べに来たいね”って」

「それだけ?」

「はい」

「それじゃ伝わらないよ」

「なんでですか? 女の方から、また行こうって誘ってるんだから、それって、好きって意味じゃないですか」

「そうなの?」

「そうですよ」

「いや~、分からないと思うよ、それだけじゃ。男には」

「そうなんですか?」

「うん。で、その後、どうなったの?」

「それで終わりです。誘ってくれるのを待っていたけど、何も言ってくれなかったんで、“これは、ダメってことなんだろうな”と思って」

「諦めたの?」

「はい」

「マジで? 潔(いさぎ)よすぎ」

「そうですか?」

「そうだよ。本気で好きだったなら、最低でも、もう1~2回は誘ってみればよかったのに」

「えー。難しいですよ、それは。女からは」

「そう?」

「はい。その人のキャラにもよると思うけど、私の場合は、おとなしいというか、地味キャラだから」

「そうなんだ。よく言えば、清楚?」

「だと思います。だから、一緒に食事をした時に、『また来たいね』って言うのが精一杯だったんですよ」

「そうなんだ。でも、その男の人は、ミクちゃんのそのキャラを十分、理解していたの?」

「たぶん」

「そこは曖昧なんだ」

「そんなにたくさんしゃべったことがあったわけではなかったから」

「もしかして、待ってたんじゃない? 誘ってくるのを」

「私の方から?」

「うん。男にもいるからね。自分から誘うのが苦手なタイプが」

「えー。そうだったのかな?」

「じゃない。でも、まあ、今となってはね。もう2年も経ってるわけだからね」

「はい」

「でも、大丈夫だと思うよ」

「でも、大丈夫だと思うよ。しゃべった感じでは、ミクちゃん、スゴく魅力的に感じるから」

「大丈夫って、何がですか?」

「彼氏できるかな? とか、心配しなくていいってこと。すぐにできると思うから」

「そうですか?」

「うん。心配ないさ~」

「もしかして、大西ライオン?」

「よく分かったね」

「一応('ー') フフ」

なんて感じで。

だから、待たしても、成果はなし。

こっちから頼めば連絡先くらいは教えてもらえそうだったけど、何となく訊く気がしなかったので、楽しくおしゃべりしただけで終了。

なので、当然ながら、

未来の
Image
ハメ!

のチャンスもなし(ノ△・。)

でも、いいんです。

今は、そういうことを追求する気分ではないので。

年末年始は、まったり&ゆっくり。

でも、女っ気はちょっと欲しいから、たまにツーショットダイヤル!

それで十分なので(*´∇`*)



次の記事へTOP前の記事へ