初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/07/23
猛暑の影響で、ツーショットダイヤルの会話も「暑いね」話一辺倒に! 話自体はけっこう盛り上がったけど、色っぽい雰囲気にはならず…

2018/07/19
ツーショットダイヤルでモテる男は、セックスアピール大な野獣系!? いい人系男子は、会えはするけど、エッチはなかなかできないようで…(TmT)ウゥゥ・・・

2018/07/16
海の日だからツーショットダイヤルの女性と海水浴ができたら最高! 一緒にお酒を飲むだけでも十分に嬉しいけど(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2018/07/12
今夜はたぶん、雨上がりの高円寺で飲みデート。ツーショットダイヤルで初めて逆ナン的なことをしてもらえたので(*^.^*)エヘッ

2018/07/09
ツーショットダイヤルを屈託なく毎日、楽しめる生活。それは、実は、とても幸せなことなのかも。

2018/07/06
ヌキたくなった時もツーショットダイヤル。テレフォンSEXかTV電話で迷った場合は、“今日の気分は想像(声)、それともリアル(映像)?”と自問自答すればOK!?

2018/07/02
夏が来て、いきなりバテてもツーショットダイヤル! 久々に超エロい女性(看護師さん)に遭遇できたので…

2018/06/29
ちょっとマニアックな音楽の趣味を持つ飲み屋の美人店員さん(♀)と、某ツーショットダイヤル番組で遭遇。NHKの牛田アナには似ていないようだけど…

2018/06/25
相性抜群で感性も激似! 某ツーショットダイヤル番組で知り合ったバツイチさん(38歳)と一緒にお酒を飲みに行ってみたら…

2018/06/22
ツーショットダイヤルなしの人生なんて考えられない! いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない。たまに感動的な出会いもあるし(*^.^*)エヘッ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/02/14 タイトル:ツーショットダイヤルには、おじさん好きの若い女性がけっこう多い。特に、おじさん慣れしている看護師さんなどは…

個人的には、

ツーショットダイヤルの醍醐味は、

即アポ
Image
即ハメ!

だと思っている(=v=)ムフフ♪

だけど…。

自分は、まごうことなき昭和の人間。

なので、最近の若い人は、ツーショットダイヤルのことをどう思っているのかが、かなり気になる。

その前に、ツーショットダイヤルというものを認知しているのだろうか?

ということも。


やっぱり、今は、みんなSNSなのかな?

出会いのツール(場)と言えば。

だけど、少なくとも若い女性は、たくさんツーショットダイヤルを利用してくれているので、若い人にも、やっぱり、それなりの需要はあるのだと思う。

TV電話なんかは、若い女性の方が多いし。


なので、自分のようなアラフィフのおじさんでも、ツーショットダイヤルを利用すれば、けっこう簡単に20代の女性と仲良くなることができる。

正直、そういう若い女性と

即アポ
Image
即ハメ!

という展開になることは、確率的にはかなり低めだけど、電話で話す分には、何の問題もない(もちろん、テレホンセックスでも)。

とは言え、ぜんぜん話が噛み合わないこともあるけれど、それは、ジェネレーションギャップというより、単なる相性の悪さ(性格の不一致)が原因なので、気にする必要はない。

だから、ツーショットダイヤルさえあれば、今後も20代の若い女性と楽しくコミュニケーションをとることが可能。

“若い女性と仲良くおしゃべりしたいな”という気持ち(気力)さえあれば。


そんなわけで、昨日は、24歳の看護師さん(名前はマユさん)と50分くらい、楽しくおしゃべり。

別に、若い女性に狙いをしぼって電話をしたわけではないけど、相手の女性に年齢を尋ね、

「24だよ」

という答えが返ってきた瞬間、

“24歳か。いいな”

と思えたので、心のどこかに、“久しぶりに若い女性と仲良くなりたいな”という気持ちがあったのだと思う。

なので、自然に、

「24か。いいね」

「平成何年生まれ?」

みたいな、おじさん丸出しの言葉がけっこう出てしまい、マユさんは苦(愛想)笑い。

ただ、マユさんは、職業柄、おじさん慣れしているようで、拒絶反応を示すようなことはなく、終始、和やかムードで会話が進行。

なので、電話を切る少し前に、

「今度、食事でもどうですか? お酒でもいいですけど。もちろん、おごりで((^┰^))ゞ テヘヘ」

と誘ってみたら、

「ご馳走してくれるんですか。嬉しい(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

と言ってくれたので、思わずガッツポーズ(声は出さずに)。


もちろん、それって、社交辞令である可能性もあるのですが、とりあえず、連絡先を教えてくれたので、脈がまったくないわけではなさそう。

「メールって、まだガラケーなんですか?」

とは、言われてしまったけれど(たぶん、半笑いで)。


というわけで、あまり期待をしすぎないようにしながらも、明日を信じて、マユさんとマメにメールを続けていきたいと思いま~す\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ