初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/03/08 タイトル:ツーショットダイヤルは、ある意味、相手次第。臨機応変な対応が大切! なので、気合十分で臨んでも、ローテンションでこられたら…

ツーショットダイヤルの魅力は、好きな時間に、好きなだけ女性と電話で直接、話ができること。

嬉しいことに、ツーショットダイヤルにアクセスしてきている女性は、常にたくさんいるので、待たされることがないだけでなく、いくらでもチェンジが可能なので、ある意味、“しゃべり放題”だから!

とは言え、チェンジは、できるだけ避けた方がいい。

最初から、“ダメだったら、相手をかえればいいや”という気持ちで臨むと、どうしても会話が雑になり、グダグダな展開になってしまうことが多くなるので\(^▽^)/


というわけで、自分はいつも、ツーショットダイヤルを利用する場合は、“電話がつながったお相手と、何とか仲良くなってやるぞ~!”と意気込み、気合十分な状態で会話に臨むことにしております。

なので、昨日も、

できれば即アポで
Image
即ハメを!

くらいの気持ちで電話をかけてみたのですが、相手の女性(ワカナさん・26歳・フリーター)のテンションがかなり低めだったので、いきなりガックリL(・o・)」 オーマイガ

でも、仕方ないんですけどね。

昨日は、真冬に逆戻りしたような寒~い一日だったので。

ほぼ一日、曇りだったしε-(´・`) フー


なので、昨日のツーショットダイヤルは、完全に出鼻をくじかれ、ローテンションで会話を進めることになったわけです。

となれば当然、なかなか会話が弾けることはなく、

「明日、明後日は雨らしいよ」

「みたいですね」

「明日は、今日以上に寒くなるみたいだし」

「そうなんですか?」

「うん。最高気温が10度までいかないみたい」

「やだな」

「寒いの嫌い?」

「はい」

「じゃあ、冬は?」

「あまり好きではないですね」

「それなら、今年の冬は最悪だったでしょ。めちゃ寒い日が多かったから」

「はい」

「だよね。俺も、寒すぎて、けっこう引きこもり気味になってたもん」

「私もです。一日中、こたつに入ってことも、けっこうありました」

「そうなるよね。あの寒さだと」

「はい」

なんて感じで、30分くらい淡々と話が進行。

だ・け・ど…。

ワカナさんが発した“こたつ”という言葉が突破口となり、その後は、かなりイイ感じにヽ(*^^*)ノ

「でも、“こたつ”なんだね。エアコンじゃなくて」

「はい」

「もしかして、電気代の節約のため?」

「それもあるけど、私、暖房があまり好きではないから。ボーっとしちゃって」

「あー、分かる。俺もそう」

「ですよね。あと、私、猫を飼っているから」

「猫!?」

「どうしたんですか? 急に大きな声を出して」

「だって、俺、三度の食事より猫が好きだから」

「えー、そうなんですか?」

「うん。大好き」

「じゃあ、そちらにも猫がいるんですか?」

「それがいないんだよ。ペット禁止のアパートだから」

「そうなんだ」

「ワカナさんところは? ペット、大丈夫なの?」

「私が今、借りてるお部屋は、大家さんの家の2階部分なんですよ。だから、ちゃんと世話をするなら、いいよって」

「いい大家さんだね」

「そうなんですよ。ていうか、大家さんも猫好きなんですよね。2匹飼ってて」

「な~んだ」

「アハハ」

「フフフ」

てな具合に(*´∇`*)


なので、最終的には、バッチリと連絡先を交換。

ただ、ワカナさんは、愛猫のプニちゃんとお家で一緒に過ごすことが大好きなので、

「今度、食事でも?」

という誘いには、

「それは、ちょっと…。メールするくらいならいいけど」

と難色を示されてしまったのでした(´_`。)グスン

で・も…。

「まあ、そうだよね。まだ寒いし。でも、あと1ヵ月もすれば、かなり暖かくなるはずだから、その時にまた考えてみてよ。食事とかお酒が嫌なら、軽くお茶するくらいでもいいし」

「でも…(;´Д`A ```」

「心配しなくていいよ。ホント、気が向いたらでいいから。何度もしつこく誘うようなこともしないし。俺も猫型人間なので、ワカナさんが、ガツガツ来られるのが嫌いなことは、よく分かってるつもりだから」

なんて感じで粘ってみたら、

「とりあえず、普通にメールだけするようにしようよ。完全マイペースな。レスするタイミングも自由で。ぜんぜんすぐに返さなくてもいい感じの。オールフリーでヽ(=´▽`=)ノ」

「そういうのなら…」

「OK?」

「うん」

「よし。じゃあ、猫みたいに自由に、自分のペースを崩さずにメールしましょう!」

「分かった(*´∇`*)」

と、メールをしていくことは快諾してくれたので、一安心ε-(´∀`*)ホッ

でも、この感じだと、

エッチまで
Image
到達するまでには、

1年くらいかかりそう(;^_^A アセアセ・・・



次の記事へTOP前の記事へ