初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/09/21
最近、絶不調なのは、秋雨前線の影響!? それとも、“純粋におしゃべりを楽しむ”というツーショットダイヤル本来の目的を忘れていたから?

2018/09/17
楽しい連休のはずが、まさかの2日連続撃沈でしょぼん(´-ω-`) だけど、お気に入りのCDを鑑賞して何とか復活。もちろん、今日もツーショットダイヤルでリベンジ!

2018/09/14
人生、いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない。それはツーショットダイヤルも同じ。だから、本日も元気にツーショットダイヤル!

2018/09/10
表面的には楽しくノリノリ。でも、心の中は冷静。それがツーショットダイヤルナンパで成功するコツ! 相手の女性に入れあげすぎないように注意!?

2018/09/07
伝言ダイヤルは、メッセージのやり取りだけで距離をつめていくので、簡潔&明瞭に気持ちを伝えることが大事!

2018/09/03
女性の顔を見ながらおしゃべりが楽しめ、“生脱ぎ”や“ライブオナニー”の鑑賞も可能! 興奮度がめちゃ高なTV電話!!

2018/08/31
人生いろいろ。ツーショットダイヤルの女性にも、それぞれいろんな事情がある。しんみりモードで語り合うのも、たまにはいいかも(*´∇`*)

2018/08/27
ツーショットダイヤルの出会いは突然に! なかなか相性バッチリな女性に巡り合えないこともあるけれど、粘っていれば、いつか必ずいいことが!?

2018/08/23
上手に使えば夢と希望を与えてくれるツーショットダイヤル! 結果が出たので、台風の影響で不快指数が上昇しても、けっこうニコニコ(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2018/08/20
暑さがようやく落ち着き、快調にツーショットダイヤル! 涼しくなると、即アポ率も上がる!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/03/12 タイトル:同じものが好きならば、女性が最も重視する、“共感”できる確率が一気に上昇。ツーショットダイヤルで親密になれる条件は、普通の恋愛とほぼ同じなので…

暖かくなってまいりました(^_^)ニコニコ

先週の半ば頃は、思いきり“真冬”の天気が続いたこともあり、暖かさの喜びを心底、実感しております(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

となると、暖かさ繋がりで、“沖縄に行きたいな~”なんてことを思ってしまわけです。

沖縄好きの自分としては(*⌒∇⌒*)テヘ♪


なので、ツーショットダイヤルで会話をする時にも、

「なんかさ、スゴく沖縄に行きたくなってきてるんだよね」

なんて言葉が自然に出てきてしまうのですが、
Image
昨日、話した女性(メイコさん・29歳・歯科技工士・写真はイメージ)が、

偶然にも、大の沖縄フリークだったので、めちゃめちゃ話が盛り上がってしまったのです。

すっかり意気投合して\(^▽^)/

ちなみに、メイコさんの訪沖回数は、20回弱。

専門学生だった19歳の時に初めて沖縄を訪れてから約10年間、年に2回ペース(夏と冬)で、沖縄に通い続けているらしい。

なので、

「最近、けっこうマジメに考えているんだよね。名護あたりに移住しようかな、って」

なんて話まで出てきて、正直、大興奮!

なぜかと言えば、自分もできることなら、沖縄で暮らしてみたいな、と思っているから。

自分の場合、リタイア後の将来的な話になるのですが((^┰^))ゞ テヘヘ


そんなわけで、昨日は、1時間以上も沖縄話に花が咲き、最終的に、

「今度は、泡盛でも飲みながら、沖縄話しようよ」

「いいね。やっぱり、場所は高円寺?」

「そうだね。高円寺には、沖縄関係のいい飲み屋さんがいっぱいあるからね」

「うん」

「じゃあ、まあ、そういうことで」

「うん。よろしく(*^.^*)エヘッ」

ということになったのでしたV(○⌒∇⌒○) イエーイ


やっぱり、ツーショットダイヤルに限らず、男女関係は、相性が一番大事。

相性が合えば、大して頑張って口説かなくても、

「じゃあ、また今度」

「そうだね」

ということになるから、非常に楽。

特に、女性は、“共感”することを何よりも大事にするから、好きなものが同じ(=相性が合う)だと、心を許してくれやすくなるので!


というわけで、昨日のツーショットダイヤルは、万事OK!

「沖縄ってさ、安い宿もたくさんあるから、できるだけ長期間、滞在したい者には、とっても助かるよね」

「うん。一泊2000円くらいのゲストハウスとかもあるからね」

「ただ、ゲストハウスって、当たり外れがけっこう激しいんだよね。宿の作りとかだけじゃなくて、オーナーやスタッフのキャラによって、良し悪しがかなり大きく出てくるから」

「そうなんだよね。沖縄のゲストハウスで働いている人って、個性が強いから、(性格が)合わないと、正直、“最悪”ってことになるからね」

「でも、逆に言えば、キャラが合う人がやってるゲストハウスを見つけられれば」

「天国!」

「その通り!!」

「だから、ここ2~3年はずっと同じところに泊まってるもん、私」

「へー」

なんて話をしつつ、その延長で、

「それだけ常連さんになってると、色恋沙汰もいろいろ出てくるんじゃない?」

「宿でってこと?」

「そう」

「まあ、なくはないよね」

「やっぱり」

「でも、スタッフとはないかな」

「そうなんだ」

「だって、相手がスタッフだと、こじれた場合、そこに行きにくくなっちゃうじゃん」

「あー、確かに」

「だから、もう3年も通ってるから、スタッフとは、めちゃめちゃ仲良くなっているけど、そこで止めてる」

「へー。じゃあ、色恋の相手って、もしかして、お客さん?」

「そうなるかな」

「いいね。宿での突然の出会い。ある意味、運命の!」

「ウフフ。て言っても、二人くらいだけどね、付き合ったのは」

「付き合うところまで行ったの?」

「とりあえず」

「てことは、大人の関係にも?」

「どさくさに紛れて、ぶっこんできたね」

「でも、ほら、大人の関係にならないと、付き合ったことにはならないから」

「分かってるなら、訊かなくていいじゃん」

「やっぱり、そうなのか“o(><)o”くう~!」

「なに、くう~って?」

「なんだろ、嫉妬かな?」

「嫉妬?」

「うん。でも、厳密に言うと、“羨ましい”ってことかも」

「羨ましい?」

「そう。私のことが?」

「違うよ。相手の男の人。メイコさんとそういう関係になれたなんて、いいな~、っていう」

「あー、そういうこと」

「うん」

「でも、それって、もしかして、自分もそういう関係になりたい、ってこと?」

「いや、別に、そんなことは…。う~ん、でも、なくはないかな( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ」

「やっぱり」

「すいません。スケベで」

「まあ、いいよ。ツーショットダイヤルなんだから。許してあげる(*^.^*)エヘッ」

「あざーす\(o⌒∇⌒o)/」

なんて、ちょっと際どい(エッチな)話もできたので。


というわけで、

もしメイコさんとお酒を飲みに行けることになったら、
Image
こんなことになることも、

十分に期待できるのでは?

と思っております。

ですが、実際に会うことができたら、慎重に話を進めることになると思います。

貴重な“沖友”なので、この関係を長いスパンで大事にしたいのでヽ(*^^*)ノ



次の記事へTOP前の記事へ