初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/12/12
V電話が最高なのは、相手の女性が服を脱いでいく姿をじっくり鑑賞できるから! もちろん、その後の展開にも…。ちなみに、テレフォンSEXの生喘ぎ声も最高です

2018/12/09
ツーショットダイヤルで久々に出会えた超タイプな美人さん(女優の黒○智花さん似)。お酒がけっこうイケる口みたいなので、期待して会いに行ったら…

2018/12/05
同年代の熟女さんとの会話はとっても楽しい。子供の頃の記憶が鮮明に甦るのも、ツーショットダイヤルの醍醐味のひとつ。今回は、当時のドラマ&アニメ話で…

2018/12/02
祝 オークション卒業! 来年は、今年以上に健康第一でツーショットダイヤルを満喫するぞ!! もちろん、今年も最後まで全力投球ヽ(*^^*)ノ

2018/11/27
年を取ると、ツーショットダイヤルでも、ついつい出がちになる健康話。同年代の熟女さんが相手なら問題はないけど、20代の女性と話す場合は要注意!?

2018/11/24
話が盛り上がっても必ずアポれるわけではない。それがツーショットダイヤルの現実であり、ある意味、おもしろいところ。女性の気持ちは微妙なので(;^_^A アセアセ・

2018/11/20
人生は、晴れたり曇ったり。ツーショットダイヤルもまったく一緒! 曇りの日があるから晴れた時の喜びがより大きくなるのも、まったく同じヽ(*^^*)ノ

2018/11/17
抜きたくなったら、TV電話ツーショット! エッチ度は言うに及ばず、美女率が高めな番組もけっこうあるので、抜き応え十分ヽ(*^^*)ノ

2018/11/13
綺麗な女性とお酒を飲むと、ついつい酒量が多くなる。なので、翌日がけっこう大変。だけど、そのためにツーショットダイヤルをしているので(^^)

2018/11/10
幸運は突然、訪れるもの。ツーショットダイヤルの場合も同じ。世の中、まんざら捨てたものではない。気の合う女性もいてくれてるみたい(o^-^o) ウフッ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/03/26 タイトル:ツーショットダイヤルで出会えることが少なくない、看護師さん。個人的には、個性的でエッチ好きな方が多いかな、と思っております((^┰^))ゞ テヘヘ

看護師の女性はエロい!

なんてことがよく言われますが、確かにそういう傾向はあるようです。

もちろん、看護師をしている女性がすべて

エッチ好きな
Image
ドスケベさん!

というわけではありませんが、実際、AVや風俗を副業としている看護師さんは少なくないようですし(自分も何度か取材させてもらったことがあります)、ツーショットダイヤルでも、わりと頻繁に看護師さんに出会うことができるので(自己申告なので、もしかしたら、その中には、ニセの看護師さんが含まれていたりもするかもしれませんが…)。


そんなわけで、ツーショットダイヤルで看護師さんに出会うことは珍しくないのですが、当然ながら、ツーショットダイヤルで話すだけで終わってしまうことも日常茶飯事。

なので、“(電話の相手が)看護師さんだったから、今日は、イケると思ったんだけどな”てな感じで、若干、落ち込むことも、たまにあったりもするんですよ(;^_^A アセアセ・・・

だから、木曜の夜に、某ツーショットダイヤル番組で知り合い、その場で27歳の看護師さん(名前はミユさん)と飲みに行く約束ができたことは、やっぱり、かなりラッキーな出来事だったんですよね。

土曜の夜に、ちゃんと待ち合わせの時間(夜の7時)に来てくれたし(*´∇`*)


というわけで、2週続けて週末に、ツーショットダイヤルで知り合った女性と二人で飲みに行くことができたのですが(場所も同じ高円寺)、ミユさんが想像以上にパンチのきいた人だったので、正直、ちょっと面食らってしまいました(゚∇゚ ;)エッ!?

あまりに明け透けな性格をしていたので、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

だって、飲み始めて早々に、ミユさんの方から、

「今日はエッチできるかも、とか思ってるんじゃない?」

なんて話を振ってくるんですもん。

まだそんなに打ち解けていない状態で(;´▽`A``


だけど、その時は、とりあえず、

“たぶん、早く打ち解けられるように、わざとこういう話を振ってくれたんだろうな”

と好意的な解釈をして、それと同時に、“乗っかった方がいいのかな”とも思ったので、

「あれー!? 分かっちゃった((^┰^))ゞ テヘヘ」

みたいな返しをしてみたんですよ。

そうしたら、ミユさんは、どうやら本気で言っていたみたいで、今度は、

「やっぱり、そうなんだ。でも、そんなに簡単には、ヤラせてあげないからね~( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ」

なんてノーテンキかつお下劣な言葉を口にしたので、自分は、軽く呆然(顔には出さず、心の中で)。

木曜の夜にツーショットダイヤルで話した時も、ミユさんは、わりとストレートな物言いをしていたので、正直な人なんだろうな、とは思っていたのだけど、まさか、ここまで明け透けな性格をしていたとは…。

ミユさんて、たぶん、思ったことをそのまま口にしちゃう人なんでしょうね。おそらく…(;^_^A アセアセ・・・


そんなわけで、飲み始めて早々に、ミユさんの本性のようなものが垣間見えたので、それから先は、自分も本気トークで応戦!

「もしかして、ミユさんて、トラブルメーカー」

「なに? トラブルメーカーって?」

「簡単に言えば、問題児」

「問題児? ぜんぜん違うよ」

「そう?」

「うん。なんで?」

「本音を隠さないから」

「確かにその通りだけど、それって、何か問題あるの?」

「本気で言ってるの?」

「うん」

「社会には、本音と建前というものがあるじゃん」

「うん」

「ミユさんは、建前がないでしょ?」

「なくはないよ。ちゃんと空気、読むし」

「そうなんだ。でも、言いたいこともズバズバ言うでしょ?」

「言っていい時はね」

「へー。ミユさんも、そういうこと、気にしてるんだ?」

「それはそうでしょ。もう大人なんだし。私、病院で働いてるんだよ」

「そうか。ってことは、仕事中は、ずっと建前ばかり言ってるの?」

「そんなことはないけど…。でも、建前も、2割くらいは入ってるよ」

「少なっ≧(´▽`)≦アハハハ」

「そう?」

「仕事中は、6:4くらいじゃない?」

「本音が6?」

「逆。建前が6。て言っても、俺、一人で仕事してる自営業だから、本当のところは分からないんだけどね(;´▽`A``」

「な~んだ。妄想かヾ(@^▽^@)ノわはは」

「でも、建前2は、絶対に少ないよ」

「そうかな?」

「うん。だって、空気を読むのも、一つの仕事みたいなものじゃん?」


「まあね。上の人の言うことには、合わせないといけないからね」

「ちゃんとヤレてるの?」

「と思うけど。でもね、やっぱり、わりと自由にやらせてもらってるかも」

「言いたいことを言う、我がままキャラ?」

「我がままではない。正直キャラ(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「物は言いようだね(*^.^*)エヘッ」

「実際、そうだしヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」

なんて、わりとマジメな話をしつつ、

「ミユさんて、エッチがしたくなったら、自分から言うんじゃない? 彼氏に、“しよ”って」

「今は彼氏がいないから、言えません(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪」

「彼氏がいたら、やっぱり、言うんだ?」

「いつもではないけど、そういう時もある」

「やっぱり」

「だって、男の人って、鈍感じゃん。サイン送っても、気付いてくれないことが多いし」

「で、諦めちゃった?」

「回りくどいのは、面倒だし(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「まあ、そうだね。以心伝心は難しいもんね」

「直接、言っちゃった方が早いからね」

「確かに。じゃあ、逆はどう? 相手に、“したいんだけど”って言われるのは? ストレートに」

「いいんじゃない。分かりやすくて。でも、そういう気持ちになってない時は、はっきり“ダメ”って断っちゃうけど」

「ミユさんらしいね(*´∇`*)」

「そう?」

的なエロ話もたっぷり!


そんなわけで、あっという間に時間が過ぎていき、気がついたら午前1時過ぎに…

となれば、もちろん、

「もう電車ないから、どこかで休んでいく?」

と誘うしかなくなり、ミユさんが、

「そうだね」

と快諾してくれたため、飲み屋さんから近くのラブホに直行!

で、たっぷ~りと
Image
セ~ックスヽ(*^^*)ノ

というわけで、自称・正直キャラのドスケベ看護師さんと、即ハメすることができたのでした(初めて会った日にエッチできたのは、半年以上ぶり?)。

やったぜ(○゚ε^○)v ィェィ♪



次の記事へTOP前の記事へ