初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/07/12
今夜はたぶん、雨上がりの高円寺で飲みデート。ツーショットダイヤルで初めて逆ナン的なことをしてもらえたので(*^.^*)エヘッ

2018/07/09
ツーショットダイヤルを屈託なく毎日、楽しめる生活。それは、実は、とても幸せなことなのかも。

2018/07/06
ヌキたくなった時もツーショットダイヤル。テレフォンSEXかTV電話で迷った場合は、“今日の気分は想像(声)、それともリアル(映像)?”と自問自答すればOK!?

2018/07/02
夏が来て、いきなりバテてもツーショットダイヤル! 久々に超エロい女性(看護師さん)に遭遇できたので…

2018/06/29
ちょっとマニアックな音楽の趣味を持つ飲み屋の美人店員さん(♀)と、某ツーショットダイヤル番組で遭遇。NHKの牛田アナには似ていないようだけど…

2018/06/25
相性抜群で感性も激似! 某ツーショットダイヤル番組で知り合ったバツイチさん(38歳)と一緒にお酒を飲みに行ってみたら…

2018/06/22
ツーショットダイヤルなしの人生なんて考えられない! いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない。たまに感動的な出会いもあるし(*^.^*)エヘッ

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/04/06 タイトル:昨夜もたっぷりツーショットダイヤル! 「沖縄が大好き」というので、「一緒に行く?」と誘ってみたら…

久々の曇天。

しかも2日続けて…(;^_^A アセアセ・・・

となると、沖縄が無性に恋しくなる自分。

青い空と海が\(^▽^)/


とは言え、実は、沖縄は曇天が多い。

特に、1月、2月は雨も多く、四方を海に囲まれた小さな島であるので(小さいというのは、本州などに比べてという意味)、どこに行っても風が強く、冬の体感温度は、わりと日本本土なみ(特に、夜になると)。

かなり冷え込む日も、けっこうあったりもするです(((o゚Д゚))。o(寒ィナァ…)


だけど、南国・沖縄のイメージというと、やっぱり、青い空と海。

スカッと晴れる日は、そんなに多くはないものの、やっぱり、晴れた日の空と海の青さが強烈だから(日本本土とは、青さの濃さが違う)、こっちで曇天が続くと、沖縄のことを思い出してしまうのでしょう(自己分析)。

なので、昨日は、ツーショットダイヤルを楽しむ前に、沖縄ツアーのサイトをいろいろ覗き、実際に見積もり金額を出したりもして、一喜一憂。

自分が沖縄に足しげく通っていた頃(12~13年前)は、往復の航空券と一泊のホテル代がついたフリーツアーの料金が2万5000円くらいだったのだけど、今はその金額では行けなくなっているようで、実際に今、沖縄に行った場合は、最低でも3万円くらいはかかるみたい。

だから、2泊3日でも、沖縄旅行の総額は、おそらく5万円以上(現地での食事やお土産代、レンタカーの費用なども含めて)。

それなりの出費にはなりそう(飛行機で行く複数泊の旅行なのだから、当たり前?)。


というわけで、見積もりをした後に、そのまま決定ボタンをクリックすることはなく、一息ついた後に、某ツーショットダイヤル番組にアクセス。

で、1時間くらいトーク!

沖縄検索をさんざんした後だったので、挨拶もそこそこに、

「今、スゴ~く沖縄に行きたい気分なんだよね」

なんて言葉が自然に出ることになり、それから数十分間は、沖縄の話題で大盛り上がり!!

なぜ盛り上がったのかと言えば、

運がいいことに、
Image
相手の女性(スミレさん・28歳・OL・写真はイメージ))が、

自分と同じくらいの沖縄好き! だったからヽ(*^^*)ノ


なので、

「沖縄、好きなの?」

「うん」

「いいよね。沖縄」

「もしかして、スミレさんも?」

「うん。大好き(*´∇`*)」

「うわー、めちゃスゴい偶然。嬉しい!」

「スゴい喜んでくれてるところ悪いんだけど、沖縄が好きな人って、多くない?」

「確かに。少なくはないよね」

「でしょ。じゃあ、そんなにスゴい偶然ではないんじゃ?」

「そんなことないよ。スゴいことだよ。だって、ココ、ツーショットなんだよ」

「あー、そういう意味で(o^-^o) ウフッ」

「好きな体位が同じとか、そういうことはよくあると思うけど、二人とも沖縄が好きとか、そういうことはあまりないはず( ー`дー´)キリッ」

「まあね。そもそも、そういう話は、あまりしないもんね。ツーショットでするのは、エッチな話が中心だから」

「でしょ?」

「うん」

「だから、スゴいことなんだよ。分かってくれた?」

「うん(^-^;)フフ 」

「だから、ある意味、運命の出会いかもね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

「さすがにそれは…( ̄▽ ̄;)アハハ…」

「僕たち、まだ温度差があるみたいだね」

「私は普通。そっちが熱すぎるの」

「そうか。ごめんね。ココに電話する前に、ずっと沖縄ツアーの検索をやってたからさ。ついつい興奮しちゃってヾ(;´▽`A``アセアセ」

「そうなんだ。近々、行くつもりなの?」

「行きたいなぁ、とは思ってるんだけどね」

「まだ決めてないんだ?」

「うん。まだ日程の調整ができてないからさ」

「あと、お金?」

「確かに、それもある。どんなに安く抑えても、最低でも3万円以上はかかるんだよね」

「そんなの当たり前じゃん」

「そうなんだよね。あと、自分の場合、沖縄本島の北部が好きだから、レンタカーが必須なんだよね。2泊3日で行くとして、3日間、車を借りると、それだけで8000円くらいかかっちゃうからさ」

「それも当たり前でしょ」

「そうなんだけど(;´▽`A``」

「私も年に2回くらいは沖縄に行っているけど、だいたい1回の旅行代は10万円て考えてるもん」

「2泊3日で?」

「ううん。だいたい3泊4日」

「3泊4日なら、だいたい一緒だね」

「前はね、私も宿泊代を切り詰めるために、ゲストハウスとかを利用していたんだけど、やっぱり、ああいうところって、あんまり寛げないんだよね。いろいろ気を遣わないといけないから」

「確かに、ゲストハウスって、他の旅行者と交流することになるから、気を遣う面はあるよね」

「宿のオーナーも個性的な人が多いし」

「元バックパッカー的な?」

「そう。だから、性格が合わないと大変」

「それはあるね。相性がね」

「そうなんだよ。だから、最近は、普通にホテルに宿泊することにしてる」

「ホテルなら、当たり前だけど、個室だから他の旅行者に気を遣う必要がないもんね」

「ホテルの従業員の人は接客のプロだから、普通にお客さん扱いしてくれるからね」

「それが当たり前なんだけどね。ゲストハウスが特別というか、特殊なだけで」

「最初は、そういうフランクな対応がよく感じてたんだけど、最近はあんまり…。距離が近すぎる気がしてきて(;^_^A アセアセ・・・」

「あー、ちょっと分かる気がする。スタッフがタメ口で、お客さんの方が敬語、みたいな逆転現象もよくあるしね」

「そうなんだよね。いくらゲストハウスでも、もう少しね、ちゃんとして欲しいよね(・3・)ブー」

「まあまあ。そういう友達感覚の気安さというか、フランクなのがゲストハウスのいいところでもあるわけだしさ」

「そうなんだよね。私も最初のうちは、そういうのがいいな、って思ってたしね」

「でしょ? だから、いいな、と思えれば行けばいい。逆に違和感を覚えるようだったら、近づかないようにする。それでいいと思うんだよね。好みの問題だと思うから。ただ、ゲストハウスの中にも、ちゃんとしたところもあるけどね。ホテルっぽく、普通にお客として接してくれる」

「うん」

「だから、好きなところに泊まればいいんだよね」

「そうだね。ちなみに、どういうところに泊まるつもりなの?」

「次に行く時は、僕も普通にホテルにしようか、と思ってる。駐車場代無料で、朝食付きの」

「じゃあ、那覇はダメだね」

「そうなんだよ。那覇のホテルは、だいたい1000~1500円くらいの駐車場を払わないといけないんだよね。那覇は大都会だから、土地代が高いから、駐車場が無料ってわけにはいかないんだろうね。中には無料のところもあるのかもしれないけど」

「パックツアーだからってこともあるのかもしれないね」

「あー。ツアーじゃなくて、普通に泊まれば、駐車場は無料ってこと?」

「パックは、料金が安いからね。実際、どうなのかは分からないけど。専門家ではないので」

「そうか。じゃあ、パックをやめればいいのか」

「そうすると、たぶん、宿泊代が高くなっちゃうと思うよ。正規の料金にすると」

「だよね」

「うん」

「そういうことがあるからね。いろいろ考えちゃって、なかなか決められないんだよね」

「レンタカー代込みの料金なのに、免責保険料は別とかね」

「そう。免責保険料がけっこう高かったりして」

「あるあるだよね」

「だから、ホントに迷っちゃう」

「でも、そういうのも楽しかったりもするんだよね。いろいろ迷うのが」

「確かに((^┰^))ゞ テヘヘ」

「だから、だいたいの予算だけ先に決めるといいんじゃない。そうすれば、その金額内に収まれば、そのツアーに決めていい、ってことになるから」

「なるほど。そういう決め方もあるね。うん。これも何かの縁なので、今回はそうさせてもらおうかな(∩。∩;)ゞテレテレ・・・」

「別に、大した縁ではないけど」

「またまた~( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ」

「だって、ツーショットの電話が、たまたま繋がっただけでしょ?」

「その“たまたま”がスゴいんじゃん。しかも、両者ともに沖縄好きっていう(●´ω`●)ゞエヘヘ」

「分かりました。そういうことにしておきます('▽'*)そ、そうっすね・・・ 」

なんて感じで、沖縄に関する話題が途切れることなく、最終的には、

「せっかくツーショットで知り合えたんだから、一緒に沖縄に行くっていうのはどう? 出会いの神様に感謝して(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

と、沖縄旅行にお誘い。

しかしながら、スミレさんの答えは、残念ながら、

「それはちょっと…。顔も知らない人と、旅行には行けないよ」

というもので、正直、ガッカリ。

だけど、よく考えてみたら、スミレさんの回答は、至極真っ当。

逆に、ツーショットダイヤルで1時間くらい話しただけで、旅行の誘いに応じる女性がいたら、それはけっこうヤバい。

あまりに危機意識が希薄という意味で!


そんなわけで、昨日のツーショットダイヤルは、長いスパンで考えれば大成功。

旅行の誘いに応じてもらうことはできなかったものの、たっぷり話した甲斐があり、連絡先の交換はできたので、

未来の
Image
ハメ!

の可能性を残すことができたので(=v=)ムフフ♪

ただ、今の時点では、飲みに行く約束すらできていないので、どれくらいの時間が必要になるかは、まったく見当がつかない。

でも、いいんです。

沖縄数きという大きな共通点があるから、普通に会話(メール)しているだけでも、十分に楽しくなりそうだから。

なので、沖縄っぽく、てーげーな感じで、のんびりゆったりと口説いていきたいと思いま~すヽ(=´▽`=)ノ



次の記事へTOP前の記事へ