初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/04/16 タイトル:ド深夜のツーショットダイヤルで超気のいいOLさんに遭遇。その素直すぎる反応に大感激ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

ツーショットダイヤル番組のスゴいところは、1年365日、いつ電話しても、すぐに女性に繋がること!

なので、ついつい、“おいおい、今の世の中、大丈夫なの? エロい女性がこんなにたくさんいて!”と、いらぬ心配をしてしまう(;^_^A アセアセ・・・

そういうエロい女性が
Image
大勢いるから、

毎日楽しく過ごすことができているのに((^┰^))ゞ テヘヘ


というわけで、昨日も、夜中の12時頃に電話をかけたら、ほぼ待ち時間0で、相手の女性(メグミさん・27歳)に繋がった。

ちなみに、メグミさんは、わりと大きな会社で経理の仕事をしているOLさん。

なので、ついついまた、

「OLなら、明日、朝早いんでしょ? 大丈夫? こんな時間に電話してて」

と、いらぬ心配をしてしまう。

何分、オッサンなもので~(=^‥^A アセアセ・・・


だけど、そのちょっとした気遣い(相手によっては、ウザいお節介)が、今回は功を奏したようで、メグミさんは、

「もしかして、私の体のこと、心配してくれているの? もしそうだったら、ありがとう(*´∇`*)」とニッコリ(声のトーンから想像)。

で、さらに、

「やっぱりさ、健康が一番だと思うからさ。女性は、体の作りが男よりもデリケートだから、どうしても体調を崩しやすくなってしまうしね。だから、本当に大丈夫?」と、念を押してみると、

「そういうこと言ってくれる男の人って、あんまりいないから、なんか嬉しい(*´∇`*)」

と喜んでくれたので、こっちも感激ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ


そんなわけで、昨夜は、電話が繋がってすぐに、“いい雰囲気”になれ、会話が大いに盛り上がることに!

「メグミさんて、素直な人なんだね」

「そう? なんで?」

「あんなに自然な感じで、“ありがとう”って言える人って、実は、そんなに多くはないと思うから。話してて、ひねくれた感じが全くしないしさ」

「腹黒くないってこと?」

「まあ、そんな感じ(^^)ニコ」

「それなら、今まで何度か言われたことあるよ。“そのまんまの人だね”みたいな(*´∇`*)」

「そのまんま東?」

「うわー、オジさん臭~い。ぜんぜんおもしろくないよ(*´∇`*)」

「すいません。オジさんになると、なんか、そういうことが言いたくなっちゃうんだよね」

「オジさんて、ダジャレが好きだよね」

「確かに。否定はできないかも( ̄▽ ̄;)アハハ… 」

「スポーツ新聞の見出しとか、ダジャレだらけだもんね」

「そうかもしれないね。でも、メグミさんさん、なんで、そんなことが分かるの? もしかして、オジさん御用達のスポーツ新聞を読んでるの?」

「実は、けっこう。東スポとかも、わりと好きだし(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「そうなんだ」

「基本、ベタな笑いが好きだから(*´∇`*)」

「なるほどね。ちなみに、好きなお笑い芸人は?」

「ジョニ男さん」

「えっ!?」

「知らない? イワイガワの岩井ジョニ男さん。タモさんの元運転手の?」

「あー、『お笑い向上委員会』とか出てる人か」

「そう。ピッチリ横分けの(*´∇`*)」

「いつもスーツで、松山千春のマネがうまい人ね」

「そう。よく知ってるね(*´∇`*)」

「『お笑い向上委員会』は、始まった時からずっと観てるから」

「そうなんだ。あの番組、おもしろいよね(*´∇`*)」

「ふざけてるんだけど、真剣勝負な感じのところが好きヽ(*^^*)ノ」

「スゴいアドリブっぽいもんね」

「さんまの無茶ぶりもスゴいし。よく返せるなって、毎回、感心しちゃう」

「ああいうの観ると、お笑い芸人て、スゴいなぁ、って思うよね?」

「咄嗟におもしろい返しをするのって、スゴい難しいもんね。普通の人間だったら、まずできないもん。自分も含めて(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

「私もそう思う。だから、あの番組を観てると、本当におもしろい人と、そうでもない人の見分けができちゃうんだよね」

「確かに。でも、お笑い芸人にも、いろんなタイプの人がいるから、一概には言えないかもしれないよ。アドリブはダメでも、ネタはスゴい人とかもいるから」

「アドリブの返しはダメでも、ネタをじっくりと練り上げるのが上手な人もいる、ってこと?」

「そう。ちなみに、メグミさんは、どっちのタイプが好き?」

「ネタとアドリブ、どっちが好きかってこと?」

「そう」

「私は、どちかと言えば、アドリブ派。ネタ番組は、そんなに好きではないから(*^.^*)エヘッ」

「自分も一緒」

「誰が一番好き?」

「難しい質問だね。やっぱり、たけしかな」

「やっぱり? ダウンタウンじゃないの?」

「世代の違いだね。もちろん、ダウンタウンも好きで、『ガキ使』とかずっと観てたけど、自分たちの世代は、ビートたけしなんだよね」

「そんなにおもしろかったの? なんか、被り物とフガフガしゃべってるイメージしかないけど」

「フガフガは、ここ数年のことでしょ(^∇^)アハハハハ!」

「そうだっけ?」

「そうだよ。たけしって、たぶん、元祖マシンガントークだよ」

「昔は、そんなにベラベラしゃべってたの?」

「流暢だったよ」

「そうなんだ。そういうイメージ、ぜんぜんなかった」

「やっぱり、フガフガ?」

「うん」

「まあ、最近は確かにフガフガしてるから仕方ないけど、80年代のたけしは、本当に神ってたと思うよ。たけしが出てきて、お笑いの流れがガラッと変わったからね。スゴい尖がってたし」

「へー。革命児だったんだ」

「そう。それ! 革命児!!」

「ふ~ん、スゴい人だったんだね」

「いや、ホント、スゴかったよ。とにかく斬新だった。機会があったら、昔のDVDとか観てみてよ。『刑事ヨロシク』とか」

「なにそれ? コント集?」

「じゃなくて、ドラマ。まさにハチャメチャで、めちゃめちゃおもしろいから!」

「ふ~ん。そんなにおもしろんだ。じゃあ、今度、レンタル屋さんとかで見かけたら、借りて観てみるよ(*´∇`*)」

「うん。そうして。だけど、やっぱり、メグミさんは、いいねヽ(*^^*)ノ」

「うん?」

「素直でさヽ(=´▽`=)ノ」

「だって、そんなに熱心に薦めてくれてるから」

「だろうね。そうだとは思ったけど、やっぱり、いいよ。その素直さ。最高だね\(^▽^)/」

「そう?」

「うん」

「じゃあ、そういうことにしておきます。ありがとう(*´∇`*)」

「いえいえ、どういたしまして((^┰^))ゞ テヘヘ」

なんて感じで。


というわけで、昨日のツーショットダイヤルは大当たり!

流れ上、エロい話はほとんどできなかったけど、めちゃめちゃ“ほっこり”できたので、問題は何もなし。

というより、最高ヾ(=^▽^=)ノ

電話を切る前に、きっちりと連絡先の交換もできたし(=v=)ムフフ♪

そんなわけで、一応、

未来の
Image
ハメに向けての

第一歩を踏み出すこともできたのでした(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



次の記事へTOP前の記事へ