初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2018/05/14
ツーショットダイヤルで知り合った女性と二人で飲むお酒は、やっぱり、美味しい(*´∇`*) なので、それ以上を望むのは野暮!?

2018/05/10
不自然なハイテンションは嫌われる? 徐々に情熱的になって口説くのがツーショットダイヤルの鉄則!?

2018/05/07
幸運は突然、訪れる。だから、なかなかアポれなくても、へこたれているヒマはない。ツーショットダイヤルの出会いは、いつも唐突なのでヽ(*^^*)ノ

2018/05/04
ツーショットダイヤルで、価値観が似ているプチ変人OLさん(29歳)に遭遇。話も盛り上がったので、イケるかと思ったら…

2018/04/30
人見知りな人は、ツーショットダイヤルでも声が小さいみたい。繊細な性格の女性って、わりと好きなので、個人的には問題なし!

2018/04/27
ゴールデンなウイークにするためには、ツーショットダイヤル女性とのお酒(食事も可)が必要。なので、何とか本アポを!

2018/04/23
新たな出会いはなくても、キープしておいたツーショットダイヤル娘さんとの距離が縮まったので、週末の成果は十分!?

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/04/30 タイトル:人見知りな人は、ツーショットダイヤルでも声が小さいみたい。繊細な性格の女性って、わりと好きなので、個人的には問題なし!

ついにゴールデンウイークに突入(もう3日目ですが…)。

おまけに、ずっと超いい天気!

となると、皆さん、外にお出かすることになり、昼間のツーショットダイヤルは、閑古鳥が鳴いているかと思いきや、普段通り、アクセスするなりすぐに女性に電話がつながり、ちょっとビックリ(゚∇゚ ;)エッ!?

“スゲー。ゴールデンウイーク中の真昼間でも、ぜんぜんいつもと変わらず、電話してくる人(女性)がたくさんいるんだな”

てな感じに感心したりもして((^┰^))ゞ テヘヘ


いずれにしろ、

ツーショットダイヤルは、
Image
ゴールデンウイークも盛況みたい。

世の中には、あまり人の賑わいが好きでない方も、けっこういるのかもしれない(混み合ってる場所って、そこにいるだけで疲れちゃいますからね)。

自分も含め(*⌒∇⌒*)テヘ♪


そんなわけで、昨日も元気にツーショットダイヤル!

午前中に、実家の庭仕事を終え(先週の日曜日の後片付けをしました。燃えるゴミの日に出すために、伐採した木の枝を払い、コンパクトな大きさにして紐で縛ったり、何箇所かに分けてまとめておいた大量の草をゴミ袋に詰め込んだり、正直、けっこう大変でした)、シャワーを浴び、アイスコーヒーを飲んで一息ついた後に、お気に入りのツーショットダイヤル番組に電話をしたのでしたヽ(*^^*)ノ

すると、携帯電話の向こうから聞こえてきたのは、蚊の鳴くような非常に小さな声。

なので、最初は、“あれ? 電波障害!?”なんてことを思ったりもしつつ、そのまま会話を続けていたら、少しずつ声が大きくなってきて、一安心(´∇`) ホッ

その女性(マリモさん・26歳・書店員)は、極度の人見知りであるため、最初から大きめの声で話すことは難しかったみたい(*^.^*)エヘッ


というわけで、普通の声の大きさで話ができるようになるまで15分くらいかかってしまったのですが、マリモさんは、わりとマニアックな趣味を持っている人だったので、同じように少々マニア的な面がある自分とはけっこう気が合い、トータルで1時間くらい話をすることに!

マリモさんは、大の漫画&音楽好きであったので、わりと話が盛り上がったのでした(o^∇^o)ノ

「どんな漫画が好きなの?」

「しっとり系」

「しっとり系?」

「やまだ紫とか知りませんか?」

「やまだ紫? 知ってるよ。単行本も何冊か持ってるし。でも、あの人、しっとり系なの?」

「自分的には(*^.^*)エヘッ」

「あー、マリモさんの中では、しっとり系ってことね?」

「そう」

「納得。でも、やまだ紫って、ぜんぜん世代じゃないよね?」

「昭和の漫画が好きだから」

「そうなんだ。なんで?」

「ただ好きなだけだから、理由は…」

「そうだよね。あまり好きな理由とか考えないもんね。好きという気持ちに、理屈はないもんね」

「うん。でも、昭和の漫画の方が優しい感じがするからかも」

「優しい?」

「暖かい、というか」

「全体的な雰囲気が?」

「そう。空気感みたいなものが。出てくる人も優しいし」

「そっか。言われてみれば、確かに、そんな気もするね」

「でも、優しさだけを求めているわけではなくて」

「優しさだけではない?」

「うん。基本的に、あんまりベタベタした付き合いは好きじゃないし」

「実生活のことね」

「そう」

「適度な距離感が必要ってこと?」

「たぶん、そう。仲のいい人でも、ずっと一緒にいるのは好きじゃないし」

「家族でも?」

「そうかも。お盆とかお正月に帰省しても、1週間くらいで東京に戻りたくなるから」

「両親とあまりうまくいってないの?」

「ううん。むしろ逆。両親のことは大好きなんだけど、ずっと一緒なのはあまり…。一人になりたくなっちゃって…」

「気疲れしちゃうのかな?」

「どうなんだろ? うちの両親は、スゴく優しいし、気さくだから、緊張するようなことはないんだけど」

「ご両親も、マリモさんと同じ性格をしてるんじゃない?」

「どういうこと?」

「スゴく繊細だってこと?」

「あー」

「ご両親、あまり外出するのとか、好きじゃないんじゃない? 自分の家にいるのが好きなタイプというか」

「確かに、あまり出かけたりはしない」

「スゴく気を遣う人って、そういうパターンが多いんだよね」

「外に行くと、いろいろ気を遣うことになるから?」

「うん。ぜんぜん知らない場所に一人で行くのならいいんだと思うんだけど、一緒に行く人がいれば、当然、その人に気を遣うだろうし、家の近所だと知り合いに会う確率も高くなるからね。だから」

「気疲れしちゃう?」

「そう」

「それはあるかもしれない。両親とも愛想とかはスゴくいいんだけど、遊び系の近所の行事にはぜんぜん参加していなかったから。集団清掃とか、そういう義務的なものはすべて行っていたけど」

「やっぱり、マリモさんの繊細さは、ご両親譲りなんだよ」

「そっか」

「そうだよ。そうじゃなきゃ、やまだ紫とか、好きにならないでしょ」

「そうかも(≡^∇^≡)ニャハハ」

「他にも、好きな人いる? 漫画家さんで?」

「よしもとよしともさん」

「よしもとよしともか」

「知ってる?」

「自分もけっこう好き。特に、『青い車』っていう短編集が」

「ホントに? 私も同じ(*´∇`*)」

「マジで?」

「あの漫画を見て、スピッツが好きになったんだもん」

「『青い車』を?」

「うん。でも、あの曲だけじゃなくて、いろいろ。『空も飛べるはず』って曲も大好きになったから、それが主題歌になってた『白線流し』ってドラマも全部、観たし。レンタル屋さんで借りてきて」

「『白線流し』か。確かに、あれ、いいドラマだよね。でも、『白線流し』って、リアルタイムじゃないの?」

「後追いでいろいろ調べてみたんだけど、最初の『白線流し』の放送って、96年だったみたい。私、平成4年生まれだから。96年て、平成8年だから、『白線流し』のリアルタイムの放送って、ほとんど記憶がないんだ」

「4歳じゃ仕方ないね」

「うん」

「でも、スゴいね。『白線流し』がテレビで放映されていた時に、4歳だったなんて。俺、もう普通に働いてたから(;^_^A アセアセ・・・」

「ジェネレーションギャップ?」

「まさにヽ(*^^*)ノ」

「(^∇^)アハハハハ!」

なんて感じで((^┰^))ゞ テヘヘ


というわけで、昨日のツーショットダイヤルの会話は、けっこうバッチリ。

だけど、健全な話しかしなかったため、当然ながら、

これから会って
Image
エッチしよ!

的な流れにはならず、連絡先の交換だけをして会話は終了。

ただ、一応、食事に誘ってみたら、「考えておく」とは言ってくれたので、これからの展開しだいでは、けっこういいところまでいくかもしれない。

でも、やっぱり、エッチは難しいかな。

マリモさんの性格を考えると…

なので、とりあえず、一緒に飲めればいいです。

しっとり系の漫画と音楽の話でもしながら( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ



次の記事へTOP前の記事へ