初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/11/17
抜きたくなったら、TV電話ツーショット! エッチ度は言うに及ばず、美女率が高めな番組もけっこうあるので、抜き応え十分ヽ(*^^*)ノ

2018/11/13
綺麗な女性とお酒を飲むと、ついつい酒量が多くなる。なので、翌日がけっこう大変。だけど、そのためにツーショットダイヤルをしているので(^^)

2018/11/10
幸運は突然、訪れるもの。ツーショットダイヤルの場合も同じ。世の中、まんざら捨てたものではない。気の合う女性もいてくれてるみたい(o^-^o) ウフッ

2018/11/06
潤いのある毎日を送るためには、女性の存在が不可欠! なので、今夜もおそらくツーショットダイヤルヽ(*^^*)ノ 正直、最近、不調なんですけどね(;^_^A アセ

2018/11/03
超好みの女性がアクセスしてくれていたら、顔が見えるTV電話ツーショットは間違いなく最強! おまけに性格まで自分好みだったら?

2018/10/30
ツーショットダイヤルのエッチというものは、楽しい会話の延長にあり! だから、会話を疎かにすれば当然…

2018/10/27
突然の心変わりは誰のせい? ツーショットダイヤルの出会いは、どんでん返しが当たり前!? 少し落込みつつ、また電話でアターック\(^▽^)/

2018/10/23
ツーショットダイヤルは、ある意味、心理ゲーム。女性の気持ちを察することが非常に重要! 電話でも遠回しな言い方をするのが女性の特徴なのでヽ(*^^*)ノ

2018/10/20
今週末はわりと天気がいいみたいだから、できることなら女性とデートを楽しみたい! そのためには、やっぱり、ツーショットダイヤル!

2018/10/16
エロい遊びがしたくなったら、速攻でTV電話ツーショット! 女性の顔を確認してから会話ができるから、ヒジョーに便利!! キレイな女性もけっこう多いし(=v=)ムフ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/05/10 タイトル:不自然なハイテンションは嫌われる? 徐々に情熱的になって口説くのがツーショットダイヤルの鉄則!?

ゴールデンウイークが終わったら、季節が逆戻りしてしまった(;^_^A アセアセ・・・

一昨日、昨日と気温は3月並み(今日もわりと肌寒い)。

おまけに、一昨日は雨もたくさん降り、ベイスターズの試合も中止になってしまった(ノ_-;)ハア…

そんなわけで、一昨日と昨日は、ほとんど外出をせず、ずっと家の中で仕事をしていた(昨日は、食材の買出しのためにスーパーには行ったけど)。

となると、必然的に

ツーショットダイヤルを
Image
楽しむ時間が長くなり、

どしゃ降りだった一昨日は、2度も電話をすることになった。

自分には、雨が降っていると、何となく人恋しくなってしまう、という傾向があるので((^┰^))ゞ テヘヘ


というわけで、一昨日は、昼と夜の2度のツーショットダイヤルで、2時間以上もおしゃべり。

ただ、1時間ずつ均等にしゃべったわけではなく、昼の部は、30分くらいで会話が終わってしまった。

相手の女性(28歳のフリーターさん)が、「音楽を聴くのが好き」と言うので、「どんな曲をよく聴いてるの?」と尋ねてみたら、「EXILE(エグザイル)」と即答され、その瞬間、“これはダメだ”と半分諦めつつ、とりあえず、そのまま会話を進めていったら、本当にグダグダになってしまって…

日常的にツーショットダイヤルをやっていると、ちょこちょこEXILE好き(ファン)の女性に出会うことになるのですが(やっぱり、けっこう人気があるみたいで)、今までに一度もそういった女性と親密な関係になれたことがないんですよね、なぜか┐(★゚д゚)┌㍗??

とは言え、それはたぶん、自分が、見た目も中身も、丸っきりEXILEっぽくないからかな? と予想はできていたりもするんですけど、ホントにダメなんですよ。EXILE好き(ファン)の女性とは…(;^_^A アセアセ・・・


そんなわけで、一昨日も、30分足らずの時間で撃沈したのですが、昼間にそういうモヤモヤ体験をしたから、仕事を終えた夜にまた、ツーショットダイヤルをする気になったのかもしれません(厳密に言うと、ツーショットダイヤルをせずにはいられなかった?)。

そんな経緯があったため、夜の部は、最初から自然にテンションが高くなり(昼間のリベンジ的な気持ちもあったので)、相手の女性(アヤさん・31歳・看護師)に、

「どうしたの? お酒でも飲んでるの?」

なんてことを言われてしまったんですよね。

ツーショットダイヤルで会話を始めてすぐの段階で、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

なので、若干、意識的に気を鎮めしつつ、会話を続行していったら、今度は、

「さっきよりテンションがけっこう下がったような気がするけど、もしかして、それって、私がさっき言った言葉のせい?」

と指摘されてしまい、ちょっとドッキリ(; ̄Д ̄)なんじゃと?

気付かれぬ程度にテンションを抑えたつもりだったのに、そんなにあからさまだったのかな? なんて感気持ちになってヾ(;´▽`A``アセアセ


というわけで、夜の部のほうは、最初にけっこうアタフタ(゚-゚;)オロオロ(;゚-゚)

なので、会話の主導権をアヤさんに握られることになり、ほぼ受身な状態に(防戦一方?)。

「あんまりさ、ムリしなくていいと思うよ」

「そうだよね。なんか、気合が空回りしていたのかもしれない」

「気合? それが間違いだったんじゃない。こういうところでは、気合なんかいらないんだからさ」

「確かに」

「そうだよ。いつも通りの普通でいいんだから。緊張しているからなのかもしれなけど」

「うん。ハイテンションは、緊張の裏返しだったのかも」

「やっぱり、ムリをしちゃってたんだね。緊張を取り除きたくて。でも、しょうがないんだよね。知らない人と話すんだから、そりゃ緊張するよね」

「アヤさんも?」

「私はそんなに。周りの人には、心臓に毛が生えてるタイプだって、いつも言われてるから」

「そうなんだ。メンタル、強いんだね」

「強いってほどではないかもしれないけど、確かに、弱くはないかもしれない。それぐらいじゃないと、看護師なんて仕事、やってられないし」

「人の生き死にに関わる仕事だもんね」

「まあね。血とかもいっぱい見るしね」

「そういうのって、ダメな人は、ぜんぜんダメだって言うもんね」

「私は最初からぜんぜん平気だったけどね」

「やっぱり、心臓に毛が生えてるのかもね」

「まあね(≡^∇^≡)ニャハハ」

「(;^△^)ア、ァハハハ 」

「だからさ、ムリはしなくていいんだよ。人には、それぞれ個性というか、特徴があるから。緊張しいの人は、キョドってもいいと思うし。最初は。ずっとキョドったまんまなのはダメだけど(^∇^)アハハハハ!」

「だよね('▽'*)そ、そうっすね・・・ 」

「そう。だから、普通でいいから。テンションだけじゃなく、何か訊きたいこととかあったら、遠慮せずに言ってもらっていいからさ」

「はい。ありがとうございます」

「だから、そんな丁寧な言葉を使わなくていいから」

「そうだよね。普通でいいんだもんね」

「そう」

「はい」

「また、『はい』とか言って(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪」

「アハハ(^-^;)フフ 」

なんて感じで(;^_^A アセアセ・・・


そんなわけで、アヤさんとのツーショットの前半部分は、完全に尻に敷かれる格好になり(年齢は、アヤさんのほうが20歳くらい下なのに)、けっこう苦戦(;´▽`A``

だけど、話しているうちに、アヤさんの懐の深さに好意を抱くようになり、“イイ女だな”と実感。

なので、次第にまたトークに力が入るようになり、アヤさんに再び、

「なんかまた、気合が入ってきちゃってるみたいだけど、大丈夫?」

と指摘されてしまうことに…

だけど、今回は、緊張からではなく、“アヤさんを是非とも落としたい!”という熱い気持ちから気合が入ったわけなので、“問題はないだろう”と自己判断し、そのままテンションを維持。

すると、アヤさんの態度という言葉が、

「そんなに自信ありげな人でしたっけ?」

「なんか、さっきとは別人のように感じるんですけど」

みたいに、微妙に丁寧になってきて、“これはイケる!”と確信。

案の定、そのテンションのまま15分くらい会話を続けた後に、

「今度、飲みにでも行こうよ。なんか、スゴく気が合う感じだから」

とストレートな誘い言葉を投げかけてみると、アヤさんが、

「いいですね。私、お酒が大好きだから」

と、あっさり受諾してくれたので、思わず右手だけでガッツポーズ(携帯電話を左手で持っていたから)。

自分で言うのもなんですが、見事な巻き返しでアポを取り付けることに成功したのでした♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ


というわけで、31歳の看護師・アヤさんとの飲みデートの約束が電撃的に成立!

先週に引き続き、今週末(12日の土曜日)も、
Image
エッチができる可能性が、

出てきたのでした(*´∇`*)

素直に嬉しいっ\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ