初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/05/28 タイトル:ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

土曜日の夜(午後6時過ぎ)、マユカさん(24歳・OL。1週間くらい前に某ツーショットダイヤル番組で知り合った)は、約束通り、自分が待ち合わせ場所に指定した、

高円寺の駅前に
Image
来てくれた。

その瞬間、大きく胸が高鳴った。

なぜかと言えば、マユカさんは、確かに、女優の清野菜名ちゃんに似ていたから!

ツーショットダイヤルで初めて話した際に、

「芸能人と、誰に似てるって言われるの?」、

と自分が尋ねた問いに対する、

「清野菜名ちゃん」

というマユカさんの答えは、ぜんぜん的外れではなかったんですよヽ(*^^*)ノ


なので、自分は最初からノリノリ。

「こんな綺麗な人と一緒にお酒が飲めるなんて、ホントに最高!」

「マジで清野菜名ちゃんに似ているよね? マユカさんも女優になれるんじゃない?」

なんて感じで、褒め言葉を連発(お世辞ではなく、心から)。

となれば当然、マユカさんもノリノリになってくれるのかと思ったら、褒める度に、

「オジさん、ちょっとはしゃぎ過ぎじゃない?」

「女優なんて、やらないよ。私には、枕とか絶対にムリだから」

みたいな、クールな反応が返ってきて、ちょっとビックリ(拍子抜け)。

女性は誰でも、“褒められるのが大好き”だと信じて疑っていなかったから(;^_^A アセアセ・・・


というわけで、軽く出鼻をくじかれてしまったのですが、マユカさんの素っ気無いリアクションをあまり気にしないようにして(“そういう人なんだろうな”という感じで)、そのまま普通に会話を続けていたら、実は、マユカさんが極度の照れ屋であることが分かり、一安心(´・`*)ホッ

それと同時に、マユカさんに対して、“不器用で可愛い人なのだな”という感情が芽生え、早くも2度目のときめき(もちろん、最初のときめきは、高円寺の駅で会った瞬間)。

そういう、ちょっとこじらせている感じの人が、わりと好きだったりするので(もちろん、可愛い女性限定)。


そんなわけで、時間が経つにつれ、どんどんマユカさんのことを好きになっていき、最終的には、

エッチとか
Image
関係なく、

ちょっと付き合ってみたいな、と思うほどに((^┰^))ゞ テヘヘ

だから、意識的にエロい話をして、即ハメにつなげるようなことをする気は起こらず、結局、朝(始発)まで淡々と飲み続けることに!

「マユカさんて、どんな男がタイプなの?」

「別に。特にはないかな」

「マジで? 珍しいね」

「そう?」

「そうだよ。誰でも、タイプってあるものだよ」

「そういうもの?」

「そうだよ」

「あー、でも、好きな顔とかはあるよ」

「誰? 芸能人?」

「うん」

「アイドル? 俳優?」

「俳優かな」

「誰? キムタク?」

「キムタクって(* ̄m ̄)プッ スゴいベタだね。発想が」

「今でも人気あるよ。キムタクは」

「そうなんだろうけど(*^m^*) ムフッ」

「そういう反応をするってことは、キムタクではないんだね。じゃあ、竹之内豊?」

「またオジさん(⌒▽⌒)アハハ!」

「竹之内豊は確かにオジさんだけど、未だに若い女の子にも大人気なんだよ。実際、スゴい若い女優と付き合ったりしてるし」

「みたいだね」

「うん。でも、マユカさんは竹之内豊のファンでは」

「ないね」

「そうか。じゃあ、誰なの?」

「温水さん」

「温水って、あの禿げてるオジさん俳優?」

「そう」

「マジで?」

「うん。好きだよ。基本、脇役好きなので(*^-^)ニコ」

「主役より?」

「そう」

「現実でも?」

「基本的にはね」

「なんで?」

「どうしてだろうね。物心ついた時から、そんな感じだったから。あまり意味はないと思うんだけど」

「感覚の問題?」

「本能的なね」

「でも、温水さんに抱かれたいとは思わないでしょ?」

「シチュエーション次第じゃない。そういう空気にしてくれれば」

「それも感覚の問題だ」

「そう。女の本能を刺激してくれれば(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「なるほどね」

「納得してくれた」

「とりあえず」

「100%ではないみたいね」

「そりゃそうでしょ。温水さんがタイプだって言われても、納得はできないでしょ。“本当かな!?”って気持ちになって」

「それって、温水さんに失礼じゃない?」

「確かに、そうなんだけど…」

「同じオジさんなんだから、希望が湧いてくるんじゃない? 素直に受け入れれば」

「まあ、そうだね」

「でしょ」

「とりあえず、そういうことにしておこうかな。余計なことは考えず」

「そうだよ。シンプルが一番」

「だねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」

「うん(*´∇`*)」

なんて感じの話をして。


というわけで、土曜の夜は結局、

エッチは
Image
できなかったものの、

淡い恋心のようなものを抱くことはできたのでした。

なので、とりあえず、かなり楽しかったです\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ