初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/06/18
どんなに気持ちがいいことでも、やりすぎには注意!? TV電話オンリーではなく、自宅テレクラや伝言ダイヤルなんかとローテーションを組むのがいいみたい(*´∇`*)

2018/06/15
今週は、ナンパとTV電話の二刀流! ツーショットダイヤル生活は快調で~すヽ(*^^*)ノ

2018/06/11
生裸体を拝みながらヌキたくなった夜。お気に入りのTV電話番組にアクセスして、速攻で美人事務員(医療系)を指名してみたら…

2018/06/07
昔も今も変わらないのはツーショットダイヤルのナンパ魂。そこに出会いがある限り、走り続けますよ~ヽ(*^^*)ノ

2018/06/04
悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

2018/06/01
いくつになっても、ツーショットダイヤルで元気にナンパができるように、しっかりと健康管理! 昨夜も、もちろん…

2018/05/28
ツーショットダイヤルの出会いは、やっぱり、最高! 美人だけど超クール。年齢が半分のOLさんに主導権を握られても、それが楽しかったりして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2018/05/25
一番大切なのは、相性とタイミング! なので、厳密に言えば、ツーショットダイヤル必勝法みたいなものはない!?

2018/05/21
24歳と51歳の女性と同時に仲良くなれてしまうのもツーショットダイヤルの大きな魅力。普段、女っ気がないオジさんにとっては、ソコはほぼ夢空間!?

2018/05/18
昨日のツーショットダイヤルは、同年代の女性と思い出話で意気投合。超熟女も、たまにはイイものですね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/06/04 タイトル:悲しいことがあっても、ツーショットダイヤルがあれば救われる。相手によっては、ノリのよさが仇になることもあるので注意!?

ベイスターズ3連敗。

ひたすら悲しい(TmT)ウゥゥ・・・

しかもロペスが故障で離脱。

あんなに打ちまくっていたソトが冷え冷え(最近5試合で18打数ノーヒット)。

おまけに、ベイちゃん自慢の左腕カルテットも崩壊寸前(好調なのは4勝しているルーキーの東だけ。去年10勝をあげた浜口とエース今永は未勝利。開幕投手の石田は炎上続きでついに2軍落ち)。

なので、ベイスターズをこよなく愛する自分は、当然ながら、意気消沈(ー。ー)フゥ

現実逃避で、さして必要ではないオーディオ機器を、ヤフオクでいくつも落札してしまう(そのせいで部屋の中はオーディオだらけに。アンプだけで20台以上。カセットデッキも同じくらい。場所をとるフルサイズのレコードプレーヤーも10台以上。その他にも…。もちろん、前から持っていたものも合わせた数だけど)。

我ながら、ホントにアホ(´Д`) =3 ハゥー


というわけで、先週末は絶不調。

先週の木曜日の夜に、

某ツーショットダイヤル番組で知り合った
Image
ユカリさん(27歳・OL・写真はイメージ)に、

「スゴいいい天気だから、喉が渇かない? もうほぼ夏だし、ビールでも飲みに行かない?」

というお誘いメールを送ったりもしたのだけど、

「ごめん。友達と会う約束をしてるから、ちょっとムリ。また、誘って」

なる返事がきてしまい、ガックシ(ノ_-;)ハア…

仕方がないので、超久々に自宅で一人飲みでもしようとしたら、

“それはあまりにも惨めだ”

という思いが脳裏に浮かび、それと同時に、

“やっぱり、現状を打破するためには、攻撃あるのみだよな。積極的にいかないと”

なる気持ちにもなり、結局、昨日の夜もツーショットダイヤル!

やっぱり、これしかないわけです、自分には((^┰^))ゞ テヘヘ


そんなわけで、昨日の夜の8時過ぎくらいに某ツーショットダイヤル番組(人妻熟女専門)に電話をかけ、40~50分くらいトーク。

不思議なもので、人妻熟女の専門番組でも、曜日や時間は関係なく、いつもすぐに電話がつながる。

“こんな時間にツーショットダイヤルをやっていて、旦那さんにバレたりしないの!?”

と、こちらがいらぬ心配をしてしまうほど、簡単に。

まあ、でも、世の中の夫婦のすべてが円満というわけではないので、日曜の夜にツーショットダイヤルを楽しんでいる人妻さんがいても、ぜんぜんおかしくはないんですけどね。

別居している夫婦もたくさんいるだろうし。ゥン((^ω^ )ゥン


いずれにしろ、人妻熟女専門のツーショットダイヤル番組に電話をかければ、すぐに人妻さんと出会うことができるので、とっても便利。

年のせいなのか、大人の女性と会話を楽しみたくなることがけっこうあるので、個人的に、非常に助かる。

やっぱり、人妻熟女さんには、若い女性にはない魅力がたくさんあるので(もちろん、逆のケースもありますが)。


とまあ、そんなわけで、人妻熟女の専門番組に電話をかけてみたのですが、つながったのが34歳のバツイチさん(名前はミオさん)だったので、いきなりニンマリ。

だって、バツイチさんて、イメージ的に、エロさ抜群なんですもん。

しばらく
Image
セックスは

していないだろうから、誘いやすい気がするし。

それに、優しさに飢えていることも想像できるから、落としやすいというイメージもあるし。

アラサーの女性が一番好きな自分には、34歳という年齢もかなり魅力的だし(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

なので、最初から張りきって口説き!

冗談めかしてだけど、

「どうですか? これから食事でも? お酒でもいいし」

なんてストレートな誘い文句を、会話を始めて早々にミオさんに浴びせたりして(=v=)ムフフ♪


というわけで、自分は最初からノリノリだったのだけど、ミオさんは体温が低めの人なのか、反応がずっとクール。

「元気だね。お酒でも飲んでるの?」

「今からなんてムリだよ。明日も朝から仕事だし」

なんて感じで、思いきり平常モード。

なので、自分も途中からはしゃぐのはやめ、

「最近、どう? 何かおもしろいことあった?」

「おもしろいこと? それって、スゴく笑ったとか、そういうこと?」

「いや、そういうわけでは。おもしろいというより、楽しいの方が的確な言葉かな」

「楽しいことか。う~ん、どうだろ。ほぼ仕事場と家の往復だから」

「そんなに仕事が忙しいの?」

「ううん。仕事は普通だけど、お給料が安いから、あんまり出歩く気がしなくて。もし高いものを買ったりしちゃうと、生活費が足りなくなっちゃうから」

「マジで?」

「うん。パートだからね」

「そうなんだ」

「うん。スーパーのお惣菜作り」

「コロッケとか、ああいうやつを作ってるの?」

「そんな感じ」

「じゃあ、料理が上手なんじゃない?」

「料理はわりと得意だけど、仕事とは関係ないよ。スーパーの惣菜って、ほとんどが冷凍食品だから」

「そうなの?」

「でも、揚げ物はレンジでチンではなくて、ちゃんと油で揚げるけどね。ごはんも大きなお釜で炊くし」

「なるほどね。最後の揚げは、ちゃんとやるけど、その前の作業はなしってことね。材料から作るわけではなく」

「南蛮揚げとかは、生のお肉に衣をつけて、揚げたりはするけどね」

「でも、そうじゃなきゃムリだもんね。短時間でたくさん作らなければならないわけだから」

「そうなんだよね。だから、けっこう忙しくて」

「大変なんだね」

「まあね。でも、大変じゃない仕事なんてないでしょ?」

「確かにヽ(*^^*)ノ」

「うん(*´∇`*)」

てな感じで、マジメにおしゃべり。

その甲斐があったのか、トークの後半では、ミオさんがけっこう笑ってくれるようになったから、一安心(´▽`) ホッ

で、最終的には、連絡先の交換まではたどり着くことができたので、小さくガッツポーズ(心の中で)。


そんなわけで、先週末は、ベイスターズの3連敗で意気消沈しつつ、最後に少しだけいいことがあったので、元気を取り戻すことができたのでしたヾ(@^▽^@)ノ ワーイ



次の記事へTOP前の記事へ