初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2019/02/20
ツーショットダイヤルの世界ではテレフォンSEX人気が高いようですが、自分は完全なナンパ派。テレフォンSEXは、たまに無性に抜きたくなった時に利用する感じ(^^)

2019/02/17
大してお金もないのにオークションで散財。ツーショットダイヤルだけでなく、オーディオ集めが未だに日課になっていて… そんな時、女神が不意に微笑んでくれて…

2019/02/13
ナンパ大好きな自分でも、たまに無性にしたくなるテレフォンSEX! その気持ちよさは折り紙つき!! ツーショットダイヤルには欠かせぬ重要コンテンツ!!!

2019/02/10
久々のツーショットダイヤルで、最近起こった事件について、熱く語り合い、またもや連絡先を入手! 女性との会話って、やっぱり、いいな。癒される(*´∇`*)

2019/02/06
女心はホントに謎(・vv・) ハニャ??? 特に、気持ちがコロコロ変わる猫っぽい女性!? ツーショットダイヤルで息抜きしないとやってられません(;^_^A アセ

2019/02/03
最近、なぜかツーショットダイヤルが好調で、イイ出会いがいっぱい! ただ、出会え過ぎちゃったから、その事後処理が大変で…

2019/01/30
性格は、ほぼ珍獣だけど、顔は、若手女優さん似。ただし、ツーショットダイヤルの出会いなので、本人が言っているだけ。でも、その女優さんが超好みなのでヾ(´ε`*)ゝ

2019/01/27
寒くなれば、当然、引きこもり。だけど、ツーショットダイヤルは、自宅でできるので問題なし! いつでも電話をすれば、女性とすぐに繋がれるのでヽ(*^^*)ノ 

2019/01/23
ツーショットダイヤルを利用する目的の中に、「できれば会いたいな」という望みがある場合は、ナンパ力の向上が必須!?  深追いは禁物なので注意!

2019/01/20
ツーショットダイヤル歴20年の大ベテランなのに、3回連続でフラれただけで自信喪失…。だけど、女性関係で少しでもいいことがあれば即復活\(^▽^)/ 

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/06/25 タイトル:相性抜群で感性も激似! 某ツーショットダイヤル番組で知り合ったバツイチさん(38歳)と一緒にお酒を飲みに行ってみたら…

やっぱり、趣味が合うことって、とっても重要ですね(^_^)ニコニコ

好きなものが同じだと、初対面でも自然に話が盛り上がってしまうので、本当に助かります(*´∇`*)

というわけで、

土曜日の夜の

ケイコさん(写真はイメージ)との
Image
初デートは、大・大・大成功!

会話だけでなく、お酒も進み、めちゃめちゃイイ気分になることができましたヽ(*^^*)ノ

ちなみに、ケイコさん(38歳のバツイチ・パートさん[勤め先は、某大型ホームセンター])とは、人妻熟女系の某ツーショットダイヤル番組で知り合いました。

それが先週の金曜日のことだったので、即アポで即デートできたわけであります(厳密に言うと、デートができたのは、ツーショットダイヤルで話した翌日のことになりますが)。


いずれにしろ、そこまで順調に事が運んだのは、趣味が同じだったからなんですよね。

ケイコさんは38歳で、自分は50歳なので、二人とも立派な中年。

なのに、未だにスピッツやブルーハーツを聴いて感動(涙?)している、ある意味、ちょっと痛い、おばさんとおじさんだったので、簡単に意気投合ができ、話も弾んだわけなので(もちろん、話題の中心はミュージック!)。

ちなみに、ケイコさんの一番好きな曲は、スピッツなら『空も飛べるはず』で、ブルーハーツの場合は、『青空』。

実は、前にもこの二曲をフェイバリット・ソングに挙げてくれた女性(「将来は自分の店を持つ」という目標に向って頑張っていた24歳のパン職人さんでした)がいて、その人とも簡単にデートできたんですよね。

だから、今回、ケイコさんが、好きな曲として、『空も飛べるはず』と『青空』を挙げてくれた時に確信したんですよね。

“これはイケるな”と。

ケイコさんとは、その2曲以外にも、ブームの『神様の宝石でできた島』というフェイバリット共通ソングもあったしヽ(*^^*)ノ


そんなわけで、土曜の夜は、高円寺の沖縄系の居酒屋さんで、好きな音楽について、たっぷりと語り合いました。

その曲が世に出た当時に付き合っていた彼氏や彼女の話なども交えながら((^┰^))ゞ テヘヘ

「『空に飛べるはず』って、『白線流し』の主題歌になって大ヒットしたけど、発売されたのは、もっと前なんだよね」

「知ってる、知ってる。『白線流し』の主題歌いなる前から、ファンの間では、名曲扱いされてたもんね」

「うん。『空の飛び方』の中では、『青い車』と並ぶ二大名曲」

「『青い車』か。あれも超いい曲だよね。甘酸っぱくて疾走間があって、でも切なくて」

「そうなんだよね。あの切なさがたまらないんだよね」

「もしかして、失恋の思い出と重なってたりするの?」

「まあね。でも、失恋というか自然消滅だったんだけどね。『空の飛び方』を最初に聴いた時は、まだ中学生だったから、男の人と二人でドライブしたこともなかったから」

「でも、なんかキタんだ?」

「うん。なんとなくだけどね」

「でも、中学生だったなら、『空も飛べるはず』の方がぜんぜんクルよね?」

「うん。あの頃はスレてなかったし、恋愛経験もほとんどなかったから、恋に恋していたようなところもあったし」

「ずっと憧れてた人がいたとか?」

「うん」

「先輩? サッカー部の?」

「なんでサッカーが出てくるの?」

「その頃って、確か、Jリーグ全盛だったでしょ?」

「確かに騒がれてたような気はするけど」

「興味なかった?」

「サッカーがというより、スポーツ全般が(*^.^*)エヘッ」

「スポーツ少女ではなかったんだ?」

「ぜんぜん((^┰^))ゞ テヘヘ」

「でも、憧れてたのは、やっぱり、先輩?」

「ううん。同級生」

「同じクラス?」

「1年の時はね。でも、2年、3年は違った」

「でも、ずっと好きだったんだ」

「うん。あの頃は純情だったからね(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「でも、自然消滅したってことは、付き合うことはできたんでしょ?」

「一応はね」

「一応って、どういうこと?」

「中2の終わり頃に気持ちを確かめ合って、一緒に学校から帰ったり、休みの日に映画に行ったりはしたんだけど、その人、頭がよかったからさ。かなり偏差値の高い高校を狙ってたから、夏休みくらいからあんまり会えなくなっちゃったんだよね。夏期講習とかで忙しくなっちゃって」

「高校受験で夏期講習。さすが東京っ子」

「それって、普通じゃないの?」

「普通じゃないよ。田舎は、高校受験では夏期講習なんか受けないよ。ていうか、そんなのやってるところがないし。いや、今はあるのかな? 俺らの頃は、夏期講習は大学受験からだったけど」

「そうなんだ」

「うん。まあ、夏期講習云々はいいとして、勉強で忙しくなっちゃって会えなくなっちゃったわけね。ずっと好きで、やっと付き合えた彼氏と」

「うんp(´⌒`。q)グスン」

「ちょっとキツい言い方をすると、彼氏は、目先の恋より将来を優先したってわけね。いい暮らしをするための」

「そうなのかもね。お母さんにも反対されてたみたいだし。『今はそういう時期じゃないでしょ』って」

「そうか。中学生だからね。まだ完全には乳離れしてないからね。その一方で、必要以上に、親に反発する年でもあるけどね」」

「その子のお父さん、東大出身の銀行員だったから。『あなたもお父さんみたいになるのよ』って言われたたみたい」

「エリート教育か。それじゃ仕方なかったのかもね」

「私は偏差値50でしょ。だから、釣り合いがとれてないとも思ってたみたいだし」

「彼氏が?」

「ううん。向こうの親が」

「“あなたには、もっと相応しい相手がいるから”。そんな感じ?」

「たぶんね」

「それは切ないね。親に引き裂かれた初恋」

「その人が、“そんなの関係ない”って言ってくれればよかったんだけど」

「小島よしおみたいにね((^┰^))ゞ テヘヘ」

「海パン一丁でね(o^-^o) ウフッ」

「でも、現実は…」

「ほぼ親のいいなり(´_`。)グスン」

「ほぼってことは、ちょっとは親に?」

「『休みの日にあったりはしない。でも、学校では…』みたいなことを言ってくれたみたいだけど、やっぱり、親に、『それでも勉強に集中できなくなるから』って言われちゃったらしい」

「それで終わり?」

「何度か手紙は渡したけど。学校で」

「そうか。当時はまだ、メールとかなかったんだもんね」

「みんなが携帯電話を使い始める、ちょっと前だったから」

「パソコンもそこまで普及してなかったしね。パソコン、持ってた?」

「ううん」

「だよね。俺も、編集の仕事してたけど、ほとんど使ってなかったもんね。原稿もまだ手書きで」

「そうだったんだ」

「パソコンを使い始めたのって、たぶん、『白線流し』が放送されてた頃だったような気がする。96年とか、そのくらいだったと思うから。デジタルが得意な人は、もっと前から使ってたけど」

「アナログ人間だったの?」

「そう。めっちゃアナログ。だから、恋愛の仕方も超古臭くて、連戦連敗。だから、切ない曲が染みたんだけど(;^_^A アセアセ・・・」

「なるほど。そういうことね(*´∇`*)」

「でも、今となっては、みんな、いい思い出。ケイコさんもそうじゃない?」

「だね(o^-^o) ウフッ」

「離婚も?」

「離婚は…。まだちょっと生々しいから(;´▽`A``」

「だよね。ごめん、変なこと聞いちゃって」

「大丈夫だよ。別に心の傷にはなっていないから」

「そうなんだ。よかった~(=´Д`=)ゞ イヤァー」

「まあ、でも、少しは引きずってるけどね。その人とも、私がずっと片思いしてて結ばれた関係だったから」

「なるほど。そうか」

「うん」

なんて感じで\(^▽^)/


というわけで、ケイコさんとの1stデートは、語り合いまくりで朝までコースに!

だけど、ずっと飲み屋さんにいたので(何軒かお店は変えたけど)、

大人の関係に
Image
なることはなく、

高円寺の駅に始発電車が来たところでお別れ。

悲しいことに…(TmT)ウゥゥ・・・


だけど、別れ際に、

「また飲もうよ」

「そうだね」

という会話はできたので、次回以降に期待はできそう。

なので、今後も、焦らずじっくりと口説いていきましょうかね(* ̄▽ ̄*)ノ"



次の記事へTOP前の記事へ