初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2018/11/17
抜きたくなったら、TV電話ツーショット! エッチ度は言うに及ばず、美女率が高めな番組もけっこうあるので、抜き応え十分ヽ(*^^*)ノ

2018/11/13
綺麗な女性とお酒を飲むと、ついつい酒量が多くなる。なので、翌日がけっこう大変。だけど、そのためにツーショットダイヤルをしているので(^^)

2018/11/10
幸運は突然、訪れるもの。ツーショットダイヤルの場合も同じ。世の中、まんざら捨てたものではない。気の合う女性もいてくれてるみたい(o^-^o) ウフッ

2018/11/06
潤いのある毎日を送るためには、女性の存在が不可欠! なので、今夜もおそらくツーショットダイヤルヽ(*^^*)ノ 正直、最近、不調なんですけどね(;^_^A アセ

2018/11/03
超好みの女性がアクセスしてくれていたら、顔が見えるTV電話ツーショットは間違いなく最強! おまけに性格まで自分好みだったら?

2018/10/30
ツーショットダイヤルのエッチというものは、楽しい会話の延長にあり! だから、会話を疎かにすれば当然…

2018/10/27
突然の心変わりは誰のせい? ツーショットダイヤルの出会いは、どんでん返しが当たり前!? 少し落込みつつ、また電話でアターック\(^▽^)/

2018/10/23
ツーショットダイヤルは、ある意味、心理ゲーム。女性の気持ちを察することが非常に重要! 電話でも遠回しな言い方をするのが女性の特徴なのでヽ(*^^*)ノ

2018/10/20
今週末はわりと天気がいいみたいだから、できることなら女性とデートを楽しみたい! そのためには、やっぱり、ツーショットダイヤル!

2018/10/16
エロい遊びがしたくなったら、速攻でTV電話ツーショット! 女性の顔を確認してから会話ができるから、ヒジョーに便利!! キレイな女性もけっこう多いし(=v=)ムフ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/08/17 タイトル:8月後半はTV電話からスタート! 見た目は完全なクール美女だけど、その中身は正反対。ギャップありすぎな美人フリーターちゃんと…

お盆終了!

というわけで、ツーショットダイヤルを解禁!!

12日から5日間、ツーショットダイヤル断ちをしていたもので(*⌒∇⌒*)テヘ♪

そんなわけで、本日は、朝からツーショットダイヤル!

人妻熟女の専門番組に電話をかけて、即アポでも狙おうかな? などと考えつつ、ツーショットダイヤル断ちをしていた5日間は、それと同時にオナ禁もしていたという事情があったため、“とりあえず、スッキリしたいな”という思いの方が強くなり、

平日の午前中から
Image
TV電話(=v=)ムフフ♪

で、いきなりビンビンに((^┰^))ゞ テヘヘ

だって、めちゃめちゃタイプの美形の
Image
お姉さん(26歳のフリーターで名前は凛さん。写真はイメージ)に

相手をしてもらうことができちゃったんですもん(*^.^*)エヘッ

しかも、凛さんは、見た目は完全なクール美女なのに、中身は、下ネタが大好きなサバサバキャラ。

なので、挨拶もそこそこに、

「スゴい美人さんだね。ぶっちゃけ、モテるでしょ?」

「ううん、ぜんぜん」

「うそ~ん」

「嘘じゃないよ。だってさ、モテモテだったら、TV電話なんて、しないでしょ?」

「まあ、そうだね。でも、何でも例外はあるからね」

「例外って?」

「モテモテで、普段、普通にセックスしてても、それだけじゃ足りない、とかさ」

「エッチすぎて?」

「そうヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」

「それって、私がめちゃエッチな女に見えるってこと?」

「いや、別に。そんなことは…(;^_^A アセアセ・・・」

「あー、困ってる。図星なんだ?」

「否定はできない、かな…」

「やっぱり、そうなんだ」

「すみません(;´Д`A ```」

「もうホントに~(-ε-)ブーブー」

「だって、ほら、それだけキレイだと、男が放っておかないでしょ? だから、必然的にそういう機会も増えるんじゃないかと…」

「なに? フォローしてるの?」

「フォローというか…σ(^_^;)アセアセ... 」

「おもしろい。スゴい困ってる(≡^∇^≡)ニャハハ」

「もしかして、凜さんて、ドS?」

「そう見える?」

「うん」

「正解。でも、ある意味、不正解」

「どういうこと?」

「私、ベッドではMだから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」

「そうなの?」

「うん(*^^*)ポッ」

「てことは、責められるのが好きなの?」

「うん。否定はできない(*´∇`*)」

「もしかして、言葉責めとか?」

「嫌いではないね」

「そうなんだ」

「なに? なんか嬉しそう」

「やっぱり、分かる?」

「分かるよ。ニコニコだもん。いや、ニヤニヤか(*´∇`*)」

「俺、普段は人のいいおじさんだけど、ベッドではSだからね(゚∇^*) テヘ♪」

「ホントに?」

「うん」

「もしかして、相性バッチリ?」

「だね。もう勃ってきてるし」

「早っ(*゚▽゚*)」

「凛さんだって、濡れてるんじゃないの? オ○ンコが」

「うわー、露骨。急にオ○ンコなんて言わないで」

「凛ちゃんも言ってるじゃん」

「なんで、急にちゃん付け?」

「もう始まってるから。立場逆転」

「何が始まってるの?」

「分かってるくせに」

「分かんないよ」

「じゃあ、教えてあげる」

「うん」

「足、開こうか?」

「えっ!?」

「凛ちゃんのオ○ンコの濡れ具合を確認してあげる」

「えー…」

「ほら、恥ずかしがってないで」

「でも…」

「大丈夫。気持ちよくしてあげるから」

「ホントに?」

「もちろん」

「分かった」

「うん。ゆっくりでいいから、お股を開いていって。よく見えるように」

「こう?」

「うん、上手。いいね。白い下着が見えてきた」

「恥ずかしい」

「スゴくいいよ。やっぱり、もう濡れ濡れみたいだし」

「うそ?」

「嘘じゃないよ。真ん中が微妙に光ってるもん。もうシミもついてるし」

「えー、やだ。恥ずかしい」

「大丈夫。それがいいんだから」

「そうなの?」

「うん。ほら、もっと足を開いて。大胆に淫らに」

「こう?」

「スゴいね。どんどんシミが濃くなってくる」

「やだ、恥ずかしい。やっぱり、見ないで…」

なんてことになり、最終的には、

互いに全裸になって
Image
オナりまくり!


というわけで、6日ぶりのツーショットダイヤルは、TV電話を選択したことにより、ドがつくほどのエロエロな展開になったのでした(=v=)ムフフ♪

気持ちよかった~v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪



次の記事へTOP前の記事へ