初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2019/02/20
ツーショットダイヤルの世界ではテレフォンSEX人気が高いようですが、自分は完全なナンパ派。テレフォンSEXは、たまに無性に抜きたくなった時に利用する感じ(^^)

2019/02/17
大してお金もないのにオークションで散財。ツーショットダイヤルだけでなく、オーディオ集めが未だに日課になっていて… そんな時、女神が不意に微笑んでくれて…

2019/02/13
ナンパ大好きな自分でも、たまに無性にしたくなるテレフォンSEX! その気持ちよさは折り紙つき!! ツーショットダイヤルには欠かせぬ重要コンテンツ!!!

2019/02/10
久々のツーショットダイヤルで、最近起こった事件について、熱く語り合い、またもや連絡先を入手! 女性との会話って、やっぱり、いいな。癒される(*´∇`*)

2019/02/06
女心はホントに謎(・vv・) ハニャ??? 特に、気持ちがコロコロ変わる猫っぽい女性!? ツーショットダイヤルで息抜きしないとやってられません(;^_^A アセ

2019/02/03
最近、なぜかツーショットダイヤルが好調で、イイ出会いがいっぱい! ただ、出会え過ぎちゃったから、その事後処理が大変で…

2019/01/30
性格は、ほぼ珍獣だけど、顔は、若手女優さん似。ただし、ツーショットダイヤルの出会いなので、本人が言っているだけ。でも、その女優さんが超好みなのでヾ(´ε`*)ゝ

2019/01/27
寒くなれば、当然、引きこもり。だけど、ツーショットダイヤルは、自宅でできるので問題なし! いつでも電話をすれば、女性とすぐに繋がれるのでヽ(*^^*)ノ 

2019/01/23
ツーショットダイヤルを利用する目的の中に、「できれば会いたいな」という望みがある場合は、ナンパ力の向上が必須!?  深追いは禁物なので注意!

2019/01/20
ツーショットダイヤル歴20年の大ベテランなのに、3回連続でフラれただけで自信喪失…。だけど、女性関係で少しでもいいことがあれば即復活\(^▽^)/ 

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2018/08/27 タイトル:ツーショットダイヤルの出会いは突然に! なかなか相性バッチリな女性に巡り合えないこともあるけれど、粘っていれば、いつか必ずいいことが!?

継続は力なり!

やっぱり、粘りって大切ですね(@⌒ο⌒@)b ウフッ

正直、今まで何度も、“もうツーショットダイヤルをやめちゃおうかな!?”と思ったことがあったんですよ。

結果がなかなか出なくて(TmT)ウゥゥ・・・

でもですね。

その都度、“俺、なんか焦りすぎてるんじゃね?”とか、“そりゃ長い人生、うまくいかないこともあるよね。ツーショットは、偶発的な巡り合いなんだから、なおさらだよな”みたいなことを考えて、思いとどまってきたわけです。

ツーショットダイヤルからの撤退を。

気分転換のために、ちょっと長めの休止期間を設けたりもしながら(*⌒∇⌒*)テヘ♪


というわけで、いくつもの山や谷を越えながら、何とか続けてきたわけです。

やっぱり、

女性との
Image
セックスって、

一番最初がダントツに気持ちいいもんな。

ドキドキ感が半端ないから(=v=)ムフフ♪

だから、やっぱり、やめられないね、
Image
ツーショットダイヤルは。ゥン((^ω^ )ゥン

なんてことも考えながら(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


いずれにしろ、
ツーショットダイヤルからの撤退を、何度も思いとどまってきたのは大正解。

だって、一昨日(土曜)の夜、

即エッチが
Image
できちゃったんですもん。

半年以上ぶりくらいにヽ(*^^*)ノ


ちなみに、そのお相手は、先週の日曜日に某ツーショットダイヤル番組で知り合ったナナさん(27歳・OL)。

その時の電話やその後のメールで、何度か、

「変わった人が好き」

みたいなことを言っていたので、正直、“もしかしたらイケちゃうかな”みたいなことを考えていたんですけど(自分で言うのなんですが、私、まごうことなき変人なので)、それが現実になった感じで(o^-^o) ウフッ


具体的な当日の動きとしては、まず、毎度のことながら、高円寺の駅前で待ち合わせをして、そのまま近くの飲み屋さん(南国系)に入り、終電近くまで、そのまま飲んだ感じですね。

同じお店でたぶん、5時間以上!

めちゃめちゃ話が盛り上がっちゃったからヽ(=´▽`=)ノ

「ナナさん、女優の霧島れいかさんに似てるね」

「霧島れいか? 誰、それ?」

「知らない。美人女優さんだよ。いろんなドラマに出てるけど、人気作だと、『相棒』とかにも何度かゲスト出演していたんじゃないかな。この前も、テレビ東京の深夜ドラマに出てたし。ゲスト出演だったけど」

「テレ東の深夜ドラマ? なに? 私、ほとんど観てるから、たぶん、知ってると思うよ」

「そうなんだ。霧島さんが出てたのは、金曜深夜の『GIVER』ってドラマだけど」

「あー、『GIVER』。毎週、観てるよ。ゲストってことは、ずっと出てるわけではないんだ。じゃあ、何話?」

「何話かは分からないけど、確か、先週放送されたやつ」

「昨日が7話だったから、先週なら6話だね」

「スゴい。毎週観てるだけじゃなくて、話数も把握してるんだ」

「別にスゴくないよ。ネットでいろいろググるのが好きだから、自然といろんな情報が頭に入ってきちゃうんだよね。2ちゃんのドラマ板とかも、よく覗いてるし」

「5ちゃんね」

「そうか。ちょっと前に変わったんだっけ?」

「うん」

「2ちゃんのがよかったのにね。言いやすいし」

「確かに」

「うん。あれ、何の話してたんだっけ?」

「『GIVER』」

「『GIVER』の6話なら、私、観たよ。タワ(-)マン(ション)の話でしょ?」

「そう」

「あの回のゲストって、確か、桜井ユキだったと思うけど。前のクールで、『モンテ・クリスト伯』に出てた」

「『モンテ・クリスト伯』も観てたんだ」

「うん。けっこうハマッてた。ダークなの、けっこう好きだから(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「分かる。自分も、ああいう暗さは大丈夫だから(*^.^*)エヘッ」

「うん。まあ、それはいいとして、桜井ユキとはぜんぜん似てないと思うんだけど」

「そりゃそうだよ。ナナさんに似てるのは、桜井ユキさんじゃなくて、霧島れいかさんだもん」

「あっ、そうか。そうだったね((^┰^))ゞ テヘヘ」

「そうだよ(^_^)ニコニコ 」

「えー、じゃあ、どの人?」

「桜井ユキさんと一緒に行動してたタワマンのボス」

「えー!? それって、もしかして、ホストに強請られて、困ってたおばさん?」

「そうヽ(*^^*)ノ」

「そうって、ぜんぜん年が違うじゃん。あの人、40代でしょ?」

「うん。確か、45くらい」

「でしょ。なんで、そんなおばさんと私が?」

「似てると思うけどな。同じ美人さんで」

「えーっ!?」

「ドラマを観てて思わなかった? “この人、私にちょっと似てるな”って」

「ぜんぜん」

「そうかな。けっこう似てると思うんだけどな。特に目元とか」

「もしかして、私が老け顔だってことが言いたかったの?」

「ううん、まったく。単に、顔や雰囲気が似てるってことを伝えたかっただけ」

「そうなんだ。でも、あの人、かなりキレイだよ。女優さんの中でも」

「ナナさんも、かなりキレイだと思うよ。性格は、独特っぽいけど(o^-^o) ウフッ」

「キレイ? 私が」

「うん」

「恥ずかしいこと堂々と言う人だね」

「そう?」

「だって、あんまり面と向かって言わないよ。キレイとか」

「そうかな? でも、キレイだと思ったら、『キレイだね』って言うもんじゃない?」

「いやー、それはない。普通は、心の中にしまっておくもんだよ。照れもあるし」

「そうか。面と向かって、『キレイ』って言う人は、珍しいのか」

「うん。恋人同士だったりすれば、話は違ってくるけどね。それでもあまり言わないと思うけど」

「ナナさんは? あんまり言われたことないの?」

「ないね」

「スゴい断言。まさに、きっぱり!」

「だって、本当にないから」

「ナナさんが今までに付き合ってたきた人は、みんな照れ屋さんだったんだね」

「う~ん、どうなんだろ? でも、私がスゴい照れ屋だから、その可能性はあるかもね」

「自分に似たところがある人を、好きになることが多いからね」

「うん。今までは、確かにそうだった(*´∇`*)」

「今まではってことは、今後は変わるの?」

「分かんない。でも、好きになるのって、理屈じゃないから」

「感性というか、本能みたいなものだもんね」

「そう。だから、予測不可能ヽ(´▽`)/へへっ」

てな具合に(@⌒ο⌒@)b ウフッ


なので、夜中の12時過ぎくらいにお店を出たタイミングで、

「これからどうする?」

と訊いてみたら、

「いいよ、何でも。合わせるから(*^^*)」

と最高の言葉が返ってきて、“これはイケる”と確信。

案の定、

「じゃあ、どこかで休んで行こうか。酔い覚ましのために」

と言ってみたら、ナナさんが、

「そうだね」

と答えてくれたので、そのまま近くのホテルに直行!

で、朝まで
Image
愛し合いまくり!


というわけで、8月最後の土曜の夜に、この夏、最高の思い出を作ることができたのでした(= ̄▽ ̄=)V やったね

結果がなかなか出なくても、粘り強く口説きまくった甲斐がありましたε-(´∀`*)ホッ



次の記事へTOP前の記事へ