初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2019/05/22
超蒸し暑い日本の夏でも、快適にツーショットダイヤル! そのために必要なのは、エアコンよりも水風呂!? ただし、いきなりザブーンは危険なので注意!

2019/05/19
月にひとり、年間12人という理想のノルマを達成するために、連休後もせっせとツーショットダイヤル! 自分と同じ“夏大好き”なOLさんに出会えたので…

2019/05/15
季節は春というか初夏? 夏大好きな自分は、ツーショットダイヤルでも先走りトーク! 夏休み談義などに花を咲かせ、最後はズバリ、直球の口説き!!

2019/05/12
女心は微妙だから、話が盛り上がっても連絡先を聞き出せないことがある。なので、ツーショットダイヤルでは、ある意味、「数撃ちゃ当たる」精神が大事(*⌒∇⌒*)テヘ♪

2019/05/08
思い出深きテレクラ。その流れを汲むツーショットダイヤルは、ある意味、非常に貴重! 電話一本ですぐに出会えるのって、本当にステキ(o^-^o) ウフッ

2019/05/05
ツーショットダイヤルから庭いじりまで、いろんなことを楽しんだ今年のゴールデンウイーク。だけど、一番の思い出は、やっぱり、女性との二人酒(*´∇`*)

2019/05/01
令和です。おめでたいですヽ(*^^*)ノ でも、贔屓のベイスターズは絶不調。C= (-。- ) フゥー ただ、ツーショットダイヤルでいいことがあったので気分上々

2019/04/28
黄金週間はやることがいっぱい! もちろん、ツーショットダイヤルもそのひとつ(*⌒∇⌒*)テヘ♪ ちなみに、昨日は事務員さん(26歳)とわりと意気投合。その結果…

2019/04/24
長年ツーショットダイヤルを愛用してきて分かったこと。それは、相性のいい職業というものがあるんだな、ということ。自分の場合は…

2019/04/21
春爛漫で気分上々! ついでに、ツーショットダイヤル運も上昇!! 相性抜群な“夏好き”事務員さんに遭遇し、ご満悦\(o⌒∇⌒o)/

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2019/04/21 タイトル:春爛漫で気分上々! ついでに、ツーショットダイヤル運も上昇!! 相性抜群な“夏好き”事務員さんに遭遇し、ご満悦\(o⌒∇⌒o)/

待望のゴールデンウイークまで、あと一週間!

季節は
Image
すっかり春。

朝晩は少し冷え込むものの、雨が降らなければ、かなり過ごしやすい。

となれば当然、自分のテンションも上昇(○゚ε^○)v ィェィ♪

仕事はもちろん、ツーショットダイヤルにも、めちゃ前向き!

相手の女性と話が噛み合わなくても、落込むようなことはなく、

“まあ、そんなこともあるよね。次、頑張ろっと”

的な切り替えが自然にできているので、ここ数日は、複数の女性と会話。

総トークタイムが1時間以上になることも普通で、昨日はなんと! 90分くらいおしゃべり!

二人目の女性(ミカさん・28歳・医療事務)と妙に気が合い、会話が弾みまくってしまったもので((^┰^))ゞ テヘヘ


というわけで、昨日のツーショットダイヤルは大成功!

一人目の女性(ユイさん・21歳・学生)とは年齢差があったこともあり、

「お父さん、何歳?」

「45」

「うわー、ぜんぜん年下だ」

「そうなの? もしかして、おじいちゃん?」

「おじいちゃんではないと思うけど、そう言われても仕方ないか」

「なんで?」

「だって、君の年齢、自分の半分以下なんだもん」

「いくつなの?」

「51」

「ちょうど30違いか」

「スゴイよね?」

「何が?」

「年が30も違う二人が、ココで話してることがだよ」

「そう?」

「思わない?」

「だって、ツーショットって、そういうところでしょ。この前なんて、75歳だったもん」

「話した人が?」

「そう」

「どんな話をしたの?」

「どんな話っていうか、お寿司をおごってあげるから会おう、ってずっと言われてただけ」

「お寿司(〝⌒∇⌒〝)キャハハハ!!」

「回らない店には、行ったことがないだろ、って」

「で、行ったの?」

「行かないよ。だって、75だよ」

「いいじゃん、回らないお寿司が食べられるなら」

「まあね。正直、ちょっとグラっとはきた(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ」

「でも、結局、行かなかったんだ?」

「一応ね。会うのは、お父さんより年下の人だけ、って決めてるから」

「ゲーッ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!」

「アハハハ」

「そういうことなら、他をあたることにするよ」

「それがいいかもね(=v=)ムフフ♪」

「やっぱり( ´△`)アァ-」

なんて残念な会話になってしまったけれど、


二人目のミカさんは、大人の女性(28歳)だったから、

「ゴールデンウイークは、どこか出かけるの?」

「彼氏と海外に、と言いたいとことだけど、今は彼氏がいないから」

「じゃあ、友達と過ごす感じ」

「だね。いつものと同じように、買い物とカラオケかな」

「あとは、おいしいもの食べに行くくらい?」

「まあ、そんなところ」

「ちなみに、元彼は、いくつの人だったの?」

「39。ちょうど一回り上だったから、もう少しで40」

「誕生日とか、まだ覚えてるの?」

「急にフラれちゃったから、実は、まだちょっと引きずってて…」

「そうか。まだ少しセンチメンタルなんだね」

「センチメンタル?」

「センチメンタル、分からない?」

「切ないとか、そういうこと?」

「知ってるんじゃん」

「いや、あまり日常会話で使わないでしょ。センチメンタルなんて」

「そう?」

「だと思うけど」

「違和感?」

「ちょっと(o^-^o) ウフッ」

「でも、センチメンタルって、言葉の響きはよくない?」

「言葉の響き?」

「そう。耳障りが良くない?」

「どうだろ? でも、悪くはないかも」

「何か好きな言葉とかある?」

「響き的な?」

「そう」

「う~ん、そうだな。“夏”かな(゚∇^*) テヘ♪」

「シンプルだね(*´∇`*)」

「だね。でも、夏ってよくない? 目の前が明るくなる感じがして」

「夏の風景がパーッと目の前に広がる感じ?」

「そう。ビーチに寝転がって、オレンジジュースとか飲んでる、みたいな」

「ビーチチェアとか?」

「だね。シートの上に寝転がったままだと、ジュースは飲みにくいもんね(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

「あとは、やっぱり、青空とか」

「あー、そうかも。真っ青なね?」

「やっぱり、夏はいいね」

「夏、好き?」

「大好きだね。一番好きな季節」

「へー」

「一番好きな季節は?」

「私もやっぱり、夏ヽ(*^^*)ノ」

「じゃあさ、もう少ししたら、一番夏を感じられる場所に一緒に行かない?」

「えっ!?」

「やっぱり、いきなりはムリか(o^-^o) ウフッ」

「ちなみに、夏を一番感じられる場所ってどこ?」

「沖縄!」

「それはムリだわ。まだ会ったこともないのに」

「そりゃそうだ(≡^∇^≡)ニャハハ」

「(⌒▽⌒)アハハ!」

てな具合に、ムリなく会話がブレイク!

なので、その後にバッチリ、連絡先の交換に成功。

「別にいいんだけどさ。今どき、メアドってε- (´ー`*) フッ」

という感じで、少し呆れられてしまったのですが(;^_^A アセアセ・・・


まあ、でも、相性はかなりのよさそうなので、今後の展開にかなり期待。

色っぽい関係には
Image
なれなくても

一緒に夏は感じたいな。

高円寺の

沖縄系の
Image
居酒屋さん

あたりで(*⌒∇⌒*)テヘ♪



次の記事へTOP前の記事へ