初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2019/06/19
人生、晴れたり曇ったり。モテる時もあればフラれる時もある。ツーショットダイヤルの出会いも同じ。正直、今が踏ん張り時。ノンビリ粘り強くいきましょうヽ(*^^*)ノ

2019/06/16
ツーショットダイヤルで“運命の人”に出会ったはずなのに、まだ会えない。でも、順調に連絡は取れているので、焦らないほうがいいのかな?

2019/06/12
相性抜群の女性に出会うために、マメにツーショットダイヤル! 最高の出会いを求めるのなら、のんびりと大らかな気持ちで臨むことが大切!?

2019/06/09
梅雨入りしたけど、生活パターンには変化なし。仕事とツーショットダイヤルと音楽鑑賞が三本柱。ちなみに、梅雨入りした金曜日には、ツーショットレディと…

2019/06/05
一週間前に、某ツーショットダイヤル番組で知り合った相手は、自分がかつて暮らしていた、思い出の街に住む女性だった! となれば当然、口説きにも力が入り…

2019/06/02
夜の遅い時間にムラムラしてきたら…。自分の場合は、テレフォンSEXとTV電話の二択。どちらを選ぶかはその日の気分で(=v=)ムフフ♪

2019/05/29
何度電話をかけても、最初はドキドキ。“今日はどんな女性につながるのだろう? サバサバ? 癒し系? 女王様タイプ?” そのワクワク感が最高\(^▽^)/

2019/05/26
令和になって心機一転、気分も新たにツーショットダイヤル! 結果がなかなか出なくても、焦らずじっくり朗らかに口説きトーク\(^▽^)/ もちろん今日も(*^^*)

2019/05/22
超蒸し暑い日本の夏でも、快適にツーショットダイヤル! そのために必要なのは、エアコンよりも水風呂!? ただし、いきなりザブーンは危険なので注意!

2019/05/19
月にひとり、年間12人という理想のノルマを達成するために、連休後もせっせとツーショットダイヤル! 自分と同じ“夏大好き”なOLさんに出会えたので…

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2019/05/19 タイトル:月にひとり、年間12人という理想のノルマを達成するために、連休後もせっせとツーショットダイヤル! 自分と同じ“夏大好き”なOLさんに出会えたので…

見知らぬ女性を電話で口説き、一緒に食事。

で、運がよければ

そのまま
Image
セ~ックス!

そんな夢のような出来事が実現するのは、ツーショットダイヤルというものが、この世に存在してくれているから\(^▽^)/


とは言え、それは、年に数回ある程度(自分の場合)。

週に3回くらいは、口説きのために電話をかけているので、正直、その確率は、けっこう低い(しつこいようですが、自分の場合)。

だから、逆に、
Image
即ハメ!

できちゃった時の喜びが大きくなるわけだけど、できることなら、もう少しうまくいく回数を増やしたい。

理想は、月にひとり。

年間で12人。

ここ数年は、セックスまでいけているのは、年に5~7人くらいという感じになっているので、今の倍くらいが一番いいペースかな、と(o^-^o) ウフッ

それ以上多くなってしまうと、体力がもたなくなってしまうと思うので、やっぱり、“月にひとり”というのが理想。


それが実現したら、間違いなく幸せの絶頂!

毎日ニコニコしながら暮らせるようになると思うので、今よりも仕事に対する意欲が出てきて、その結果、仕事が増えて収入も増加。

もちろん、そうなれば、余裕を持ってツーショットダイヤルを楽しめるようになるから(お金の心配をあまりしなくてよくなるはずなので)、女性にモテるようになってアポ率が上昇。

で、嬉しい悲鳴(“もう年なので、そんなに頻繁には会いにいけません”的な感じで)。

なんてことになりそう(=v=)ムフフ♪


だから、頑張ってアポ&即ハメ確率を上げたいな、と思っているのだけど、今のところその兆しはなし(ー。ー)フゥ

一昨日の夜も、夏好きOLさん(26歳・名前はサツキさん)と飲みに行くことはできたのだけど、終電のちょっと前くらいの時間に別れることになってしまったし…(ノ_-;)ハア…


でも、まあ、夜の7時頃から飲み始めて、深夜の0時過ぎまで付き合ってくれたので、飲みデートとしては、普通に成功。

実際、話はかなり弾んでいたし(*´∇`*)

「夏が好きならさ、将来、沖縄で暮らしたいな、とか思わない?」

「移住するってこと?」

「そう」

「それは正直、ちょっと微妙かな」

「なんで?」

「沖縄には何度か旅行で行って、スゴくいいところだな、とは思ったけど、住むとなると話は違ってくるでしょ」

「どういうところが?」

「だって、まず、仕事を見つけないといけないじゃん。生活をしていくためには」

「まあ、そうだね」

「まあ、そうだね、って、反応、軽すぎ」

「そう?」

「沖縄って、仕事があまりないらしいよ」

「そんなことないでしょ。あんなにお店やホテルがいっぱいあるのに」

「観光関係はね。でも、普通の会社に就職するのは、簡単じゃないみたいだよ」

「詳しいね」

「実は、前にちょっと調べたことがあったから。移住した友達に影響されて」

「友達が移住したんだ」

「うん。でも、半年前に帰ってきちゃった」

「移住失敗?」

「なのかな。その人は、最初から自分で宿をやろうと思って移住したんだけど、お金が溜まらなくて断念したみたい」

「そうなんだ」

「うん。お客さんで泊まった宿がスゴい気に入って、そういう宿を自分でもやりたいと思って、2年前に移住したんだけどね」

「資金が貯まらなかった?」

「ていうか、逆に、借金しちゃったみたい」

「えーっ!?」

「て言っても、数万円らしいけど」

「な~んだ」

「でも、貯金するつもりでいったわけだから」

「そうか。そういうことなら撤退も仕方ないね」

「沖縄では、どんな仕事をしてたの?」

「その宿のヘルパーさん」

「宿のスタッフってこと?」

「そう。そりゃダメだ。沖縄の安宿のスタッフなんて、お小遣い程度の給料しかもらえないもん」

「そうみたい」

「ちょっと甘かったね、考え方が」

「そうなのかな?」

「沖縄は、お金を稼ぎに行く場所ではないからね」

「そうなの?」

「そりゃそうでしょ。平均所得とか全国で最下位なんだから。失業率とかも」

「えー!?」

「知らなかった?」

「上のほうではないと思ってたけど、まさか最下位だったとは」

「まあ、そういうことだから、沖縄に行ってお金を貯めるのは難しい。だから、逆に、東京でお金を貯めてから沖縄に行ったほうがいいんだよね」

「うん」

「その人、今は東京?」

「うん。私のご近所さん」

「もう働いてるの?」

「とりあえず、居酒屋さんで働いてるよ」

「沖縄居酒屋?」

「そう。と言いたいところだけど、普通のチェーン系のお店」

「そうなんだ。でも、帰ってきてすぐに働き始めることができるなんて、けっこうパワフルだね」

「ていうか、働かないと暮らしていけないからだと思う。借金もあったし」

「もう返せた?」

「じゃないかな。この前、会ったら、“肩の荷が下りた”的なことを言っていたから」

「やっぱり、お金を稼ぐなら東京なのかもね」

「でも、東京は支出も大きいよ」

「確かに。家賃とかね。駐車場代なんかもめちゃ高いし」

「うん。私も大変だもん。車は持ってないけど」

「でも、サツキさん、OLなんだから、固定給でしょ?」

「小さい会社だし、簡単な事務の仕事だから、少ししかもらえないから(T△T)」

「貯金するのは難しい?」

「だね」

「じゃあ、沖縄に移住したいと思っても、資金が貯まらなくて難しそうだね」

「うん。年に1回、旅行で行けるかどうか、って感じ」

「今年は行くの?」

「行きたいんだけどね」

「今年は、令和記念で、連休が多いみたいだからね」

「連休とかはダメだよ。飛行機代が高くなっちゃうから。あと、ホテル代も」

「そうだ。繁忙期は、飛行機代も宿代もめちゃ高だもんね」

「うん(´_`。)グスン」

なんて話をしたりして(*⌒∇⌒*)テヘ♪


そんなわけで、話は盛り上がったものの、下ネタ系のキワドイ会話はほとんどしなかったので、

「飲み過ぎちゃったから、ちょっと休んでいこうか」

「そうだね(o^-^o) ウフッ」

的な展開にはならず、終電のちょっと前に高円寺の駅のホームでお別れ(サツキさんは、自分とは逆方向の吉祥寺方面にお住いだったから)。

で、帰宅後にすかさずツーショットダイヤル。

ただし、利用目的はナンパではなく、
Image
テレフォンSEX!

どうしても抜きたくなってしまったもので(;^_^A アセアセ・・・



次の記事へTOP前の記事へ