初めてご利用の方
ツーショットファンとは?
自宅テレクラ
テレフォンセックス
人妻・熟女
伝言ダイヤル
TV電話2ショット

オススメサイト・携帯サイト

ガチスタ+

Webおとなの特選街

包茎・薄毛や性病の悩みは男・体の悩み解消Webマガジン


編集長ガキオヤジのリアル体験ブログ

★体験ブログ バックナンバー

2019/07/21
梅雨明けが先延ばしになってしまったけれど、気分はけっこうスッキリ。今週は人妻さんとデートをしたし、ツーショットで次の約束もできた。わりと人生バラ色(*´∇`*)

2019/07/17
話してよし、口説いてよし、抜いてよし! ツーショットダイヤルは驚異の三刀流!! エッチ好きな女性がたくさん利用していることもポイント高しヽ(*^^*)ノ

2019/07/14
梅雨明け間近でツーショットダイヤルのやる気が上昇! フラれてもぜんぜんめげず、快調なまま(*^.^*)エヘッ でも、夏が来る前に何とか結果をヽ(*^^*)ノ

2019/07/10
梅雨はいつまで? 早いことナンパの季節・夏が来て欲しい(でも、猛暑はカンベン)。ツーショットダイヤルにとっても、夏は特別な季節だから!

2019/07/07
今日は七夕。だけど、生憎の空模様。なので、気分がちょっとモヤモヤ。ツーショットダイヤルでステキな女性に巡り会えたら、すぐに気分は晴れるのですが((^┰^))ゞ

2019/07/03
沖縄好きの女性とは、意気投合率が100%!? 個人的には、ツーショットダイヤルのいろんな出会いの中で、一番ハッピーヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

2019/06/30
アラフィフ男が20歳くらい下の女性と簡単につながることができる、ツーショットダイヤルって、やっぱり、素晴らしい。もちろん、ダメな時もあるけど((^┰^))ゞ テ

2019/06/26
ジメジメ陽気にも負けず、今週はやる気満々! 週末に飲みに行く約束ができているのに、連日のツーショットダイヤル!!

2019/06/23
梅雨らしい天気続きで、脱力気味に…( ̄△ ̄) ボーーー と言いつつ、ツーショットダイヤルでは元気におしゃべり。昨日は、コンビニ勤務のバツイチさん(32歳)と…

2019/06/19
人生、晴れたり曇ったり。モテる時もあればフラれる時もある。ツーショットダイヤルの出会いも同じ。正直、今が踏ん張り時。ノンビリ粘り強くいきましょうヽ(*^^*)ノ

24時間いつでも話せる

★体験ブログ Blog 2019/06/12 タイトル:相性抜群の女性に出会うために、マメにツーショットダイヤル! 最高の出会いを求めるのなら、のんびりと大らかな気持ちで臨むことが大切!?

“いい出会い”は突然、ふいに訪れる。

もちろん、

ツーショットダイヤルを
Image
利用する際には、

いつも“いい出会い”に恵まれることを期待している。

しかしながら、自分の場合、その確率は、おそらく10分の1くらい。

“相性抜群”とまで言い切れる“最高の出会い”になると、少なくともその倍くらい、もしかしたらその3倍、30分の1くらいの確率になってしまうかもしれない。


なので、“いい出会い”に恵まれることを期待しつつ、そうでなかった場合でも、基本的には落込むようなことはなく、“まあ、こんなものでしょう”という感じで、何となく納得するようになっている。

だから、本当に“いい出会い”に恵まれた時の感動は、ツーショットダイヤルの利用歴が20年以上になった今でも、かなり大きい(o^-^o) ウフッ


というわけで、“相性抜群”とまで言い切れる“最高の出会い”に恵まれ、その場で飛び上がりたくなるほどの喜びを感じることが数ヶ月に一度くらいの割合で訪れるのですが、その機会が昨日、ふいにやって来て、心底感動。ジーン...(≧ω≦。)

その相手は、27歳の看護師(名前はユカリ)さんだったのですが、電話がつながった瞬間、“あれ、今日はイケちゃうのでは?”なる気持ちになり、それから40~50分くらい話したところで、

「よかったら、今度、一緒に食事でも。お酒でもいいけど(*⌒∇⌒*)テヘ♪」

と誘ってみたら、間髪置かずに、

「いいね。食事でもお酒でもお付き合いしますよ(^ー^* )フフ♪」

という返答があり、最初に働いた勘が現実のものに!


やはりですね、最高に相性のいい相手は、最初に声を聞いた瞬間に“ビビッ”とくるものがあるみたいです(それが勘違いである場合も、なくはないのですが)。

声質とかトーンとか、話し方みたいなものは、当然ながら、人によって変わってくるものなので、個人的には、いい出会いになるかどうかは、最初の段階で決まってしまうような気さえしています(^^)

相手の声や話し方にある種の快感(気持ちよさ)を抱くことができなければ、少なくとも“最高の出会い”にはならないような気がしているんですよねヽ(*^^*)ノ

もちろん、それは、個人的な見解(意見)に過ぎないのですが((^┰^))ゞ テヘヘ


いずれにしろ、昨日の出会いは、自分にとっては最高のもの。

ユカリさんは、基本的には癒し系の女性だったのですが、性格は、どちらかと言えば勝ち気。

口調がハキハキしていて、自分の気持ちをはっきり相手に示すタイプ。

だけど、キツい感じがぜんぜんせず、安心して話せるタイプの女性だったので、非常に持ちよく会話を続けることができたのです(*^.^*)エヘッ


ちなみに、昨日した会話の中で、一番盛り上がったのは、夏の沖縄の話題。

ユカリさんは、沖縄の離島好きということで、八重山諸島に関する話をいろいろすることになり、

「一番好きな島とかはある?」

「竹富」

「マジで?」

「うん」

「俺も大好き。スゴく綺麗でいいよね。街並みだけじゃなくて、道とかも」

「そうなんだよね。白砂の道がキラキラ輝いていて、その上を歩くだけで癒されちゃって」

「島の住民の人がマメに掃除をしてるんだよね。竹箒みたいなので朝早くから」

「そうなの?」

「朝の散歩をするために、早起きして西桟橋の方とかに行こうとしてた時なんかに、よく見かけたよ。箒で道を掃いてる、おばあさんを」

「へー」

「で、『おはようございます』って挨拶すると、ニッコリ笑って、『おはようございます』って言ってくれるんだよね」

「いいね。でも、それって、普通じゃない?」

「まあ、そうんだけど、その笑顔が沖縄独特の柔らかさというか、スゴい優しい感じがするからさ」

「感動しちゃったんだ?」

「軽くだけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」

「“やっぱり、沖縄はいいな”って(o^-^o) ウフッ」

「まあ、そんな感じ(^_^)ニコニコ 」

「でも、沖縄の一番のよさって、そこだよね?」

「うん。人が優しい」

「そう。もちろん、沖縄にも意地悪な人もいるし、乱暴なヤバい人もいるんだろうけど、全体的にね?」

「優しいのがデフォルト」

「そう。優しいのが普通なんだよね」

「確かに」

「あと、人と人の距離感が近い(*´∇`*)」

「すぐに懐に入ってくるもんね」

「うん。特に、年配の人は」

「若い人はやっぱり、多少、照れがあるだろうからね」

「男の人は、基本的にシャイだし」

「うん。でも、お酒を飲むと、急にニコニコになっちゃう」

「沖縄の男の人は、本当によくお酒を飲むもんね」

「泡盛ね」

「民宿でみんなで食事をしてたりすると、近所の人が一升瓶を抱えてやって来たりして」

「八重山だと八重泉か。泡波とか」

「泡波ね。幻のお酒」

「波照間(島)に行けば、島の売店で、普通に手に入ったりするんだけどね。通販とかで買おうとすると、めちゃめちゃ高いんだよね。製造本数が少ないみたいで」

「那覇のお土産屋さんとかでもスゴい高い値段で売ってるもんね」

「定価680円の3合瓶が、波照間(島)以外で買う場合は、数千円になっちゃうからね」

「それだけ需要がある、ってことなんだろうけど」

「希少価値だね」

「たくさん製造してくれれば、価格も下がるってこと?」

「だと思うよ。でも、泡波って、作ってるところが個人経営の小さい酒造所みたいだから、大量生産はしないみたい。基本的には、島の人のために作ってるみたいだし」

「そうなんだ。でも、それでいいような気がするね」

「大量生産の大量消費がいいわけではないからね」

「少ない方が離島っぽくていいよ。もちろん、それで採算が取れるのなら、だけど」

「確かに(o^-^o) ウフッ」

てな感じで、盛り上がりまくり!

そういう流れだったので、

お酒の
Image
誘いにも

乗ってくれたわけで(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


なので、懐具合に余裕があるようだったら、泡波を出してくれる居酒屋さんに連れて行ってあげようかな、なんてことも考えていたりして(=v=)ムフフ♪

でも、波照間島以外では、

泡波って、
Image
本当に高いからな。

ユカリさんがおかわりする度に、顔面蒼白になっていきそう…(´皿`;)

だから、よ~く検討したいと思いま~す\(^▽^)/



次の記事へTOP前の記事へ