2ショットfun
栞(31歳)都内
OL
栞(31歳)都内
 栞さんには、交際期間が4年ほどの彼氏がいる。だが、まだ結婚に関する具体的な話は出てきていない。それとなく栞さんが切り

出すと、いつも彼氏は、「まだ早いんじゃない」「もう少ししたらね」と行った感じではぐらかし、あまり真剣に考えてくれないら

しい。

「焦りですか? やっぱり、ちょっとありますよね。私、もう31ですからね。親にも、しょっちゅう結婚のことを聞かれるし、周り

の友達はすでにほとんど結婚しちゃったから、本音を言えば、できるだけ早く結婚してしまいたいから。でも…」

 結婚は早くしたいと思っているけれど、彼氏に積極的に求める気にもなれない。その理由は…

「正直、この人でいいのかな? って気持ちもあるんです。もう4年以上も付き合っているから、仕方がないのかもしれないけれど

、最近、スゴク雑になってきているような気がするんですよね。私への態度が。付き合い始めた当初は本当に優しかったのに、今は

、あまり気を遣ってさえくれなくなってしまったし…」

 栞さんの彼氏は、もしかしたら、“変に気を遣う必要もない、一歩進んだ良好な関係”と思っているのかもしれない。だが…

「愛想がないというか、素っ気無い態度を取ることが多くなっているので、正直、かなり不安になってきているんです。今がこの状

態だと、結婚したらどうなってしまうのだろう!? という感じで…。
 エッチも最近は、月に1~2度あればいいほうだし。だから、本当に愛されているのかな? って不安になってしまうんですよね(

苦笑)」

 セックスは快楽のためだけに行うものではない。愛情を確かめる、ある意味、崇高な行為でもあるからだ。特に、女性にとっては



「不安があるからなのか、最近、ツーショットダイヤルを利用すいる回数が増えてきているんですよ。前は、多くても週に1度くら

いだったのに、今はコンスタントに週に2~3度、電話するようになっていて…」

 彼氏を裏切りたくないから、今はテレフォンSEXだけをしているようだが、このままだと…

「彼氏とのエッチの頻度がもっと低くなれば、普通にツーショットの人に会いに行ってしまうかもしれません。女はやっぱり、誰か

に抱いてもらっていないと、不安になってしまうものなので…」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次へTOP前へ
★私の告白
10月の女性
9月の女性
8月の女性
コンテンツメニューに戻る
只今!オススメ
スイートコール
完全地域密着型!のツーショットダイヤル・伝言ダイヤルサービス

自宅テレクラテレフォンSEX人妻熟女
テレ電ツーショット伝言ダイヤル

一番上に戻る

免責事項
(C)ツーショットファン